個人市民税 医療費控除

医療費控除の申告には「医療費控除の明細書」の提出が必要です


平成30年度(平成29年分)から、市民税・県民税申告に伴う医療費控除または医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)のいずれかの適用を受けるためには、申告書の添付資料として「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」の提出が必要になっています。経過措置の期間満了によって、令和3年度(令和2年分)以降は領収書の添付による申告は認められませんので御注意ください。1月から12月までの1年分の内容を記入する必要がありますので、申告を予定されている方は事前に御準備ください。また、領収書は自宅で5年間保管してください。
  なお、医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付することで、「医療費控除の明細書」の記入を一部省略することができます。医療費通知とは、医療保険者が発行する以下の全ての事項が記載された書類をいいます。
 
  1. 被保険者等の氏名
  2. 療養を受けた年月
  3. 療養を受けた者
  4. 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称
  5. 被保険者等が支払った医療費の額
  6. 保険者等の名称

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

市民税課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館2階
直通電話:0463-21-8766(個人市民税担当) /0463-21-8767(諸税担当(軽自動車税・法人市民税など))
ファクス番号:0463-21-8798

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?