催しで火気器具等を使用する場合消火器の設置が必要です!

平成25年8月15日に京都府福知山市で開催された花火大会において発生した火災により、多数の死傷者が出たことを踏まえ、多数の者が集まる催しにおいて、市民と観光客の皆様の安全を確保するために、平塚市火災予防条例の一部を改正し、次に掲げる対策を講じることとしました。
※一部は平成27年4月1日の施行となります

主な改正内容

・祭礼、縁日、花火大会、展示会等の多数の者の集合する催しで火気器具等を使用する場合は消火器の準備が必要と
 なります。
・多数の者の集合する催しで、火気器具等を使用する露店等を開設する場合に届け出が必要となります。(平成27年
 4月1日施行)
・特に規模の大きい屋外での催しを「指定催し」として指定し、火災予防上必要な業務を行うこととなります。(平
 成27年4月1日施行)

条例改正についてのリーフレット(PDF158KB)

     

対象となる催し

祭礼、縁日、花火大会、展示会等の多数の者の集合する催し(※1)に際し、対象火気器具等(※2)を使用する場合です。

※1 多数の者の集合する催し
多数の者の集合する催しとは、一時的に一定の場所に不特定多数の人が集合することにより混雑が生じ、火災が発生した場合の危険性が高まる催しで、具体的には、祭礼、縁日、花火大会、展示会等のように、一定の社会的広がりを有するものを指します。

近親者によるバーベキューや幼稚園で父母が主催するもちつき大会、小規模な自治会のお祭り等相互に面識のある者が集まる催しなど、集まる者の範囲が個人的な繋がりに留まる場合は対象外となります。



※2 対象火気器具等
ガスコンロ、グリドル等の気体燃料を使用する器具や発電機、石油ストーブ等の液体燃料を使用する器具。また、その使用の際火災の発生のおそれのある器具等が該当し、炭などの固体燃料を使用する器具や電気を熱源とする器具も含まれます。
   

消火器の準備

業務用の消火器を用意してください。家庭用の消火器やエアゾール式の簡易消火器具は除きます。1の火気器具に対し消火器1本以上用意するようにお願いします。

消火器は催しを主催する者や露店等を開設する者が用意することとなります。

  

露店等の届け出

平成27年4月1日以降は、多数の者の集合する催しで、火気器具等を使用する露店等が開設される場合に届け出が必要となります。露店のみならず屋台やテント等のブースも対象となります。

露店等開設の届け出は催しの主催者、施設の管理者、露店等を開設する者が行うこととなりますが、複数の露店等が開設される場合はまとめて届け出ることができます。

指定催し

指定催しとなる条件
 次の要件を満たす場合に「指定催し」として指定します
 ・一日の人出予想が10万人以上
 ・露店等が100店舗以上

防火上必要な事項
 防火担当者を選任し、次に掲げる火災予防上必要な業務に関する計画の作成し消防機関への提出することとなり
 ます
 ・防火担当者その他火災予防に関する業務の実施体制の確保に関すること
 ・対象火気器具等の使用及び危険物の取扱いの把握に関すること
 ・対象火気器具等を使用し、又は危険物を取り扱う露店等及び客席の火災予防上安全な配置に関すること
 ・対象火気器具等に対する消火準備に関すること
 ・火災が発生した場合における消火活動、通報連絡及び避難誘導に関すること
 ・上記以外で、火災予防上必要な業務に関すること


 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

予防課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館3階
代表電話:0463-21-3240
直通電話:0463-21-9728(予防担当) /0463-21-9727(査察担当) /0463-21-9726(危険物担当)
ファクス番号:0463-21-1525

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?