火災予防条例届出様式(火災と紛らわしい行為、煙火打上・仕掛け、道路工事、露店等の開設)

火災とまぎらわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為の届出書

火災に間違われるようなことをしたり、 屋外に火炎・煙を出したりするようなときはこの届出書を提出してください。                ※新型コロナウイルス感染症対策として、電子申請での届出を推奨します。

Word版

 

PDF版

 

電子申請



 
平塚消防マスコットキャラクター
『まとっ平』(まとっぺい)

煙火打上・仕掛け届出書

煙火を消費する場合はこの届出書を提出してください。          ※新型コロナウイルス感染症対策として、電子申請での届出を推奨します。

Word版

 

PDF版
電子申請

道路工事届出書

道路工事をする場合はこの届出書を提出してください。

Word版

 

PDF版

露店等の開設届出書

多数の者の集合する催しで、火気器具等を使用する露店等が開設される場合に届け出が必要となります。露店のみならず屋台やテント等のブースも対象となります。

Word版

 

PDF版

対象となる催し

祭礼、縁日、花火大会、展示会等の多数の者の集合する催しに際し、対象火気器具等を使用する場合です。

対象火気器具等 

ガスコンロ、グリドル等の気体燃料を使用する器具や発電機、石油ストーブ等の液体燃料を使用する器具。また、その使用の際火災の発生のおそれのある器具等が該当し、炭などの固体燃料を使用する器具や電気を熱源とする器具も含まれます。

消火器の準備

業務用の消火器を用意してください。家庭用の消火器やエアゾール式の簡易消火器具は除きます。1の火気器具に対し消火器1本以上用意するようにお願いします。消火器は催しを主催する者や露店等を開設する者が用意することとなります。

指定催し

指定催しとなる条件

  • 一日の人出予想が10万人以上
  • 露店等が100店舗以上

防火上必要な事項
防火担当者を選任し、次に掲げる火災予防上必要な業務に関する計画を作成し消防機関への提出することとなります。
  • 防火担当者その他火災予防に関する業務の実施体制の確保に関すること
  • 対象火気器具等の使用及び危険物を取扱いの把握に関すること
  • 対象火気器具を使用し、又は危険物を取り扱う露店等及び客席の火災予防上安全な配置に関すこと
  • 対象火気器具に対する消火準備に関すること
  • 火災が発生した場合における消火活動、通報連絡及び避難誘導に関すること
  • 上記以外で、火災予防上必要な業務に関すること

 
平塚消防マスコットキャラクター
『まとっ平』(まとっぺい)

消防署本署の仮庁舎移転に伴う届出場所の変更について

消防署本署(平塚市浅間町9-1)は令和元年6月1日(土)から令和3年6月頃まで豊原分庁舎(平塚市豊原町2-21)に仮移転しております。
仮移転に伴い上記届出場所が変更となります。詳細については、こちらをご覧ください。“消防署本署の仮庁舎移転のお知らせ”(PDF107KB)
 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

消防署管理担当

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 消防庁舎2階
代表電話:0463-21-3240
直通電話:0463-21-9614
ファクス番号:0463-23-0655

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?