消防署 警備第一課・第二課・第三課 救急隊

救急隊とは・・・

  • 救急車の写真
 救急隊は、けがをした人や具合が悪くなった人に処置を行いながら、病院へ搬送することが仕事です。
 特に、心肺停止状態の人に対しては、心肺蘇生やAED(自動体外式除細動器)などの救命処置を行うことができます。
 また、救急救命士は、医師の指示のもと器具を用いた気道確保や薬剤を使用することができます。

火災と間違わないで・・・PA連携をご存知ですか!

 PA連携とは、消防車と救急車が連携して救急活動を行い、両方の頭文字から「PA」と名前が付けられたものです。
 救急車を要請されたとき、傷病者の搬送が困難と思われるときや救急車の到着が遅れると判断されるときなど、近くの消防車を同時に出場させ救命率の向上を図っております。「消防車は呼んでいないんだけど・・・」という市民の声を耳にしますが、心配しないで下さい。救急車も現場に向かっています。

救急隊の訓練

多数傷病者想定訓練

  • 多数傷病者想定訓練の写真
 平塚市には野球場、サッカー場、競輪場など多くの人が出入りする施設が多数存在し、また、JR東海道線、国道など交通量の多い道路が複数あることから、大災害や大事故が起きたときに多数の負傷者が発生する可能性が高いため、迅速な救急活動が行えるように定期的に訓練を実施しています。

高度救命訓練

  • 救急救命処置の写真
 事故や急病人の発生は、いつどこで起こるかわかりません。
 私達は様々な状況を想定した部隊の訓練や、専門的な技術の向上を図るため実践的な訓練を行っています。

救急隊は新しい時代へ

「薬剤投与」・「気管挿管」が実施可能へ

  • 気管挿管の写真
 近年、救急隊が行える処置の拡大が進んでいます。特に心肺停止状態の傷病者に行う処置として、平成16年7月から従来の気道確保の方法に加え、肺に直接酸素を送り込むことができる気管挿管が行えるようになりました。また、平成18年4月から強心薬であるアドレナリンの使用が可能になりました。 
 救急隊の処置の拡大は進みましたが、救命率向上のためには救急車が到着するまで、どれだけ手当を行ったかが、大きく予後を左右します。 
 このことから、みなさまに行っていただく心肺蘇生が新しい時代となっても依然大切です。

このページについてのお問い合わせ先

警備第一課、警備第二課、警備第三課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 消防庁舎2階
代表電話:0463-21-3240
直通電話:0463-21-9730
ファクス番号:0463-21-9607

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?