平塚市ホームページの先頭です

ここからページの本文です

平塚を知ろう

 毎日を暮らす町−平塚にも、まちを包む自然環境や現在のまちに至るまでの成長の過程があります。
 そして、そこには快適なライフスタイルのベースがあります。
 平塚がどんな環境にあるのか、紹介します。

平塚の位置・風土

 東京からJR東海道線の普通電車で約1時間、相模川を渡ると、そこが平塚です。
 平塚は、東京から南西方向に約60Km、神奈川県のほぼ中央、相模平野の南部に位置し、約4.8Kmの海岸線から西北に広がる扇形で、相模川と金目川の下流域に発達した平野と、それを取り囲む台地と丘陵から形成されています。背後には丹沢・大山山麓が控え、西方には富士・箱根連山を遠望できる四季温和な気候に恵まれたまちです。

このページの先頭へ

平塚のあゆみ

 平塚は、江戸時代に東海道五十三次の宿場町として栄え、明治年間の1887年(明治20年)に鉄道(現在のJR東海道線)が開通すると、平塚駅を中心に発展してきました。
 1932年(昭和7年)4月1日、横浜、川崎、横須賀に次いで、県下で四番目に市となり、商工都市としての第一歩を踏み出しました。
 第二次世界大戦で大きな被害を受けましたが、戦後、焦土のなかから再び復興へと力強く歩み始め、1954年(昭和29年)から1957年(昭和32年)にかけて、1町7村を合併し、現在の市域となりました。その後、都市施設や市街地の整備が進み、商工業の成長とともに住宅地としても発展し、現在に至っています。

市民の木・市民の花・市民の鳥

市民の木  くすのき

市民の木くすのきの写真

 関東地方から西南の地域に多く、若葉が美しく樹形が雄大な常緑の高木です。平塚八幡宮などに見事な林が見られます。
(昭和57年4月1日制定)

市民の花 なでしこ

市民の花なでしこの写真

  山や野原に生える多年草で、夏から秋にかけてピンク色の美しい花を咲かせます。
(昭和57年4月1日制定)

市民の鳥 しらさぎ(コサギ)
市民の鳥しらさぎ(コサギ)の写真

 くちばしは長めで年間を通して黒く、足の指だけが黄色です。夏羽では、羽冠と呼ばれる白い飾り羽があり、他のシラサギ類と容易に区別できます。本州以南に留鳥として分布し、金目川や岡崎等の水田で見られます。(平成14年10月1日制定)

市章

市章の写真

昭和7年4月1日の市制施行を記念し、一般から公募したもので、同年10月1日に制定されました。図案は平塚市の「平」という文字をデザイン化したものです。

市歌

 昭和27年に平塚市市制施行20周年の記念事業として4月1日に発表されました。

  『ひらつか市歌』
ひらつか市歌楽譜
  一、阿夫利山 朝かげ匂い
    相模灘 夕汐かすむ
    かぎりなき ひろさをここに
    ああ平塚 うるわしき市
    よろこびは きわみなく

  二、鎚の音 力みなぎり
    人の波 街をあやなす
    海の幸 田畑のみのり
    ああ平塚 ゆたかなる市
    にぎわいは きわみなく

  三、撫子の 花つつましく
    人ごころ なごみいそしむ
    ゆるぎなき 自治の礎
    ああ平塚 さかえゆく市
    かがやきは きわみなく

  (制定 平塚市)

演奏は下記のリンクからお聞きください。

平塚市歌(Microsoft Windows Media Player用)

名誉市民

河野一郎 氏の銅像の写真河野一郎 氏の銅像

河野一郎 氏 Kohno Ichiro 1898-1965
 1932年衆議院に初めて議席を得、以来当選11回。農林・建設・国務の各大臣、行政管理庁長官・経済企画庁長官を歴任、わが国の隆盛と地方自治の振興に大きく貢献。1965年7月27日に平塚市名誉市民の称号が贈られました。

比企能達 氏の銅像の写真比企能達 氏の銅像

比企能達 氏 Hiki Yoshisato 1893-1968
 1893年平塚市に生まれる。日本大学学長、国立がんセンター総長を歴任。わが国医学の進歩と教育文化の向上に大きく貢献。1968年12月25日に平塚市名誉市民の称号が贈られました。

河野謙三 氏の銅像の写真河野謙三 氏の銅像

河野謙三 氏 Kohno Kenzo 1901-1983
 1901年生まれ。1949年衆議院議員に初当選後、参議院に転じ5期30年在職。参議院議長、日本体育協会会長などを歴任。わが国の隆盛と地方自治の進展に大きく貢献。1983年9月30日に平塚市名誉市民の称号が贈られました。

産業

ひらつかの特産品:バラの写真

 平塚は、高い生産力を持った工業と農・漁業、そして商業がバランスよく調和しているまちです。
 工業では、旧海軍工廠跡地や相模川西岸に沿って工業地域があり、化学工業、金属製品製造業、輸送用機械器具製造業などの工場が立地しています。特に、自動車関連の工業地域としての特色をもっています。
 農業では、県下でトップクラスの生産高を誇る米や、全国屈指の生産高のバラ(平塚の特産品)のほか、野菜などがオールラウンドに生産されています。名産品として、さつまいも(栗まさり)やキュウリなども有名です。また、漁業も相模湾を中心とする近海の魚介類の高い収穫高があり、新鮮な海の幸が身近に楽しめます。
 商業 では、JR平塚駅周辺の中心商店街をはじめとして、市内各地区に商店街が形成され、市民の日常の買い物の場として利用されています。また、最近では、国道129号線を中心に、ロードサイド店の出店も増えつつあります。なお、中心商店街は、毎年7月に開催される「湘南ひらつか七夕まつり」のメイン会場となります。

観光

 観光行事としては、平塚に夏の訪れを告げる「湘南ひらつか七夕まつり」が全国的に有名です。毎年7月上旬に開催され、多くの観光客でにぎわいます。七夕まつりのほかにも、湘南潮来(いたこ)の夏空を彩る「湘南ひらつか花火大会」が開催されています。
 観光スポットとしては、平塚八景に選定されている「湘南平」 「湘南潮来」 「森の前鳥(さきとり)神社」 「七国峠・遠藤原」 「平塚砂丘」 「霧降りの滝・松岩寺」 「金目川と観音堂」 「八幡山公園」があります。この中でも、「湘南平」は、神奈川県の景勝50選にも選定され、相模湾の海岸線と丹沢連峰から伊豆の山々まで見渡せる眺望の名所です。また、「湘南潮来」は、海釣り、川釣りの両方が楽しめるほか、ボードセイリングなどのマリンスポーツも盛んな相模川下流域一体の水郷地帯です。


森の前鳥(さきとり)神社の写真 詳細ページへ金目川と観音堂の写真 詳細ページへ八幡山公園の写真 詳細ページへ七国峠・遠藤原の写真 詳細ページへ湘南潮来の写真 詳細ページへ霧降りの滝・松岩寺の写真 詳細ページへ湘南平の写真 詳細ページへ平塚砂丘の夕映えの写真 詳細ページへ平塚八景案内の地図

★八幡山公園    ★七国峠・遠藤原    ★金目川と観音堂    ★霧降りの滝・松岩寺

★湘南平    ★森の前鳥(さきとり)神社    ★湘南潮来    ★平塚砂丘の夕映え

教育・文化・スポーツ

 平塚には現在、市立小学校28校、市立中学校15校、県立中等教育学校1校、高等学校8校(県立校7校、私立校1校)があります。また、大学は、秦野市との市境付近で、市の北西部に位置する東海大学(外部リンク)の湘南校舎と西部丘陵の一角に神奈川大学(外部リンク)の湘南ひらつかキャンパスがあります。平塚はこの2つの大学と各種講座や公開セミナーの開催など幅広い分野での交流事業を進めています。
 平塚には、1991年(平成3年)3月に開館した美術館をはじめ、博物館(外部リンク)図書館(外部リンク)市民センター中央公民館、ひらつか市民プラザなどの文化・社会教育施設があり、催し物を楽しむと同時に、市民自らが主役となり幅広く利用でき、平塚文化の発信地となっています。
 30.3haという広大な敷地を持つ総合公園には、「平塚のはらっぱ」や「ふれあい動物園」「わんぱく広場」「日本庭園」などの施設があり、子供からお年寄りの方まで、年齢やくつろぎのスタイルを越えて楽しめる憩いの空間が広がっています。この総合公園の中には、湘南ベルマーレ(外部リンク)のホームグラウンドとなっているShonan BMW スタジアム平塚(平塚競技場)をはじめ、バッティングパレス相石スタジアム平塚トッケイセキュリティ平塚総合体育館などがあり、平塚のスポーツの中心地となっています。また、平塚海岸のボードウォークでは、ビーチバレーなどのコートのほかビーチセンターも整備されていて、湘南のビーチスポーツの新たな拠点になっています。

統計情報

ひらつか統計情報のページへ。

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページについてのお問い合わせ

秘書広報課(広報担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階

直通電話番号:0463-21-8761

ファクス番号:0463-21-9613

お問い合わせフォームへ

このページの先頭へ