トリムバレーボール

概要

普通のバレーボールに比べて、軽量で軟らかく、ソフトな感触のトリムバレーボールを6人制、9人制バレーボールのルールに準じて、ネットごしに打ち合うゲームです。
ボールは、バレーボールに比べてやや大きめです。
滞空時間が長いので、初心者の方も、すぐにゲームに参加できます。
写真の右側がトリムバレーボールです。左は一般的なバレーボールです。
トリムバレーボールの写真
 

ひらつかトリムバレーボール競技規則(平塚市スポーツ推進委員協議会)

競技者

  1. 1チームのプレーヤーは8人とし、男性4人、女性4人で構成する。ただし女性は6人までとする。
  2. 前衛3人、中衛2人、後衛3人のポジションに位置して、サービス権を得るごとに、右回りでローテーションする。
  3. プレーヤーのチェンジはプレーがストップしているときであれば、どのプレーヤーもチェンジできる。ただし、1度退場したプレーヤーは、そのセットが終了するまで再びプレーに戻れない。
     

競技の細則


  1. サービスかレシーブ又はコートのいずれを選択するときは「ジャンケン」によって決めます。
  2. 1セットの勝敗は、15点を先取した方を勝ちとし、3セットマッチを原則として行い、2セットの先取をもって勝ちとします。
  3. 1セット中、双方が14点オールになった場合は2点差をつけて勝ちとします。
  4. 得点はラリーポイント方式とする。
  5. サーブは、エンドライン後方からアンダーハンドサーブで打つものとし、サーブは1本とする。
  6. レシーブパスは、ボールを相手コートに返す前、味方チーム内で最大限3回ブレーすることができます。ブロックをしてボールに触れたときは、その後から2回プレーできます。ボールは、腰から上のどの部分でプレーしても良いが、故意に手以外でプレーしたり、完全にヒットしなければ反則になります。
  7. スパイク(アタック)は、アタックラインより前で打つと反則になります。(アタックラインを踏んで打った場合も反則になります。)
  8. 1セット終了するたびコートをチェンジし、3セット目はどちらかの得点が8点になったとき、コートをチェンジします。
  9. プレー上の主な反則は、アタックフォルト、ネットタッチ、オーバーネット、ドリブル、ホールディング、オーバータイムスとするが、細部については、バレーボールのルールに準じて行う。

所有数

ボール 32個

借用方法

  1. スポーツ課へ使用希望日の空き状況を確認する。(貸出希望日の6ヵ月前から7日前まで)
  2. 使用希望日が空いていたら、借用書に必要事項を記入し、借用書をスポーツ課へ提出(FAX・メールでも構いません)
  3. 借用当日にひらつかアリーナ(馬入ふれあい公園管理事務所)へ借用物品を取りに行く。
  4. 借用終了後、ひらつかアリーナ(馬入ふれあい公園管理事務所)へ、直接返却。(原則7日以内に返却していただきます)
  5. 貸出は平塚市内に活動拠点のある団体に限ります。また、営利目的が認められる等した場合、貸出をお断りします。
  6. 貸出に関する具体的なルールは、平塚市スポーツ用具貸出要領(PDF103KB)をご確認ください。
 

借用書のダウンロード

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

スポーツ課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館7階
直通電話:0463-31-3060
ファクス番号:0463-34-5522

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?