市長表敬訪問(世界硬式空手道選手権大会)

最終更新日 : 2017年10月5日

世界硬式空手道選手権大会に拳友会所属選手が初出場!!

 平成29年10月3日(火)世界硬式空手道選手権大会に初出場する笠原 希帆(かさはら きほ)選手(平塚学園高等学校3年生)、吉岡 大弥(よしおか だいや)選手(会社員)、近惣 佑太(ちかそう ゆうた)選手(平塚工科高校2年生)が落合市長を表敬訪問しました。

3人は予選会となる第33回全日本硬式空手道選手権大会で入賞し、世界への切符を獲得しました。
今大会が第1回目の開催となる世界硬式空手道選手権大会は、国際硬式空手道連盟に所属する約600名の選手が出場する大会となります。

落合市長との対話する3選手と今井指導員

落合市長から「自分の力を存分に発揮してがんばってほしい」との激励を送られた3選手は、
「日本に(優勝)トロフィーを持ち帰りたい」(笠原選手)、「怪我なく、自分の力を発揮したい」(近惣選手)、「優勝を狙いたい」(吉岡選手)と抱負を語りました。

第1回世界硬式空手道選手権大会は、平成29年11月4日からロシアのモスクワで開催されます。
3選手の活躍に期待です。

記念写真
(写真左から、落合市長、笠原選手、近惣選手、吉岡選手、今井指導員)

予選会の成績や、3選手への問い合わせは記者発表のページへ

このページについてのお問い合わせ先

スポーツ課

〒254-0074 神奈川県平塚市大原1番1号 バッティングパレス相石スタジアムひらつか
直通電話:0463-31-3060
ファクス番号:0463-31-9640

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?