市長表敬訪問(第1回ジュニア・チャンピオンリーグ全国大会)

最終更新日 : 2018年11月21日

第1回ジュニア・チャンピオンリーグ全国大会優勝!ボクシング大澤陽選手

平成30年11月20日(火)、東京都大田区の大森ゴールドジムで開催された第1回ジュニア・チャンピオンリーグ全国大会U12(小学校4年生から6年生)男子30.0キログラム級で優勝し、初代チャンピオンに輝いた大澤 陽(おおさわ ひなた)選手(平塚市立松延小学校6年、市内纒在住)が落合市長を表敬訪問しました。

ジュニア・チャンピオンリーグ全国大会とは、各地区の予選を勝ち抜いた小学校1年生から3年生まで(U9)、小学校6年生まで(U12)、中学校3年生まで(U15)、18歳以下(U18)の男女が階級(体重)別に競う競技です。
日本プロボクシング協会(JPBA)および、一般財団法人日本ボクシングコミッション(JBC)が昨年度まで開催していたU15の全国大会の代わりにカテゴリ(U9とU18)を増やして新たに開催したプロによるジュニアの大会です。
大澤選手は東日本予選で優勝し、全国大会出場となりました。



ボクシングを始めたのは小学校3年生の時。
家族ぐるみで仲の良い諏訪 佑(すわ たすく)選手のプロデビュー戦を観に行ったことがきっかけだそうです。

現在は毎日ジムに通っており、土日には1日10km走る日もあるとのこと。
得意なパンチは何か、と市長に質問された際は
「自分はサウスポーで、フックが1番得意。体力に関しては、ジムの中でも学校の中でも1番の自信がある。」と答えました。

今回のジュニア・チャンピオンリーグ全国大会優勝という結果については、
「しっかりと顎を引いて適格にパンチを打てたので、この結果につながったと思う。
優勝という結果は嬉しいが、まだ世界チャンピオンになるためのスタート地点に過ぎない。
世界チャンピオンになるという夢を叶えるため、これからも頑張りたい。」と意気込みました。


詳細は記者発表のページへ

このページについてのお問い合わせ先

スポーツ課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館7階
直通電話:0463-31-3060
ファクス番号:0463-34-5522

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?