市営住宅家賃等の支払いにお困りの方へ

最終更新日 : 2020年5月7日

市営住宅家賃の支払いが困難になった方への給付金制度について

 新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、離職、自営業の廃止した方又は休業等に伴って収入が減少し、市営住宅家賃の支払いが困難になった方について、家賃相当分の給付金を支給する「住居確保給付金」がありますので、詳しくはご覧ください。
 

市営住宅家賃及び駐車場使用料の徴収猶予について

 「住居確保給付金」の対象外の方にも、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により収入が著しく減少し、一時的に市営住宅家賃及び駐車場使用料の支払いが困難になった方を対象に、支払いを猶予できる場合があります。

申請受付及び受付期間

 平塚市建築住宅課住宅管理担当  平塚市役所6階602番窓口
 令和2年5月7日(木)から当面の間
 平日 午前8時30分から午後5時まで
 まずは、電話にてご相談ください。連絡先 0463-21-8784(直通)

対象となる方

 新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、勤め先や自営の会社等の経営環境が悪化した結果、収入が著しく減少(※)して、市営住宅家賃及び駐車場使用料の支払いが困難になった方
※解雇、休職、倒産、休業、営業停止、売り上げの減少等による

対象となる市営住宅家賃及び駐車場使用料

 令和2年2月以降の家賃及び駐車場使用料のうち、それぞれ6か月分以内
 (例)令和2年2月分から7月分までの家賃と令和2年2月分から7月分までの駐車場使用料

猶予の期間

 納期限から6か月以内
 (例)令和2年4月分であれば、令和2年10月末日まで猶予します。
 なお、支払いの猶予により、市営住宅家賃及び駐車場使用料の支払いの義務がなくなることはありませんのでご注意ください。

必要書類

 (1)市営住宅家賃・敷金減免・徴収猶予申請書
 (2)市営住宅駐車場使用料減免・徴収猶予申請書
 (3)令和元年分(平成31年1月から令和元年12月)の収入を証明する書類
 (4)令和2年1月から申請前月までの収入を証明する書類
 (5)解雇、休職、離職、廃業等を証明する書類(該当する方)
 (6)その他市長が認めるもの

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

建築住宅課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-8770(営繕第一担当/営繕第二担当/機械設備担当/電気設備担当) /0463-21-8784(住宅管理担当)
ファクス番号:0463-21-9769

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?