「かながわBA.5対策強化宣言」は9月25日で終了します。

最終更新日 : 2022年9月22日

  • 「かながわBA.5対策強化宣言」を9月25日で終了することが決定されました。(9月21日)
  • 全国一律で感染者の全数届出を見直すことになり、9月26日以降、居住地別感染者数等の情報が得られなくなります。そのため、これまで毎日更新していた平塚市の発生状況については終了します。なお、今後は神奈川県のホームページから新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況をご確認ください(9月21日)

かながわBA.5対策強化宣言9月25日で終了

適用期間:令和4年8月2日(火曜日)~令和4年9月25日(日曜日)

9月26日から陽性者登録窓口への登録をお願いします。 

 オミクロン株による感染者の急増を受け、県では、「かながわBA.5対策強化宣言」を行い、県民の皆さんに、基本的な感染防止対策の徹底をお願いしてきました。この、県の総力を挙げた取組により、新規感染者は、減少し、病床のひっ迫も改善しています。そこで、この「BA.5対策強化宣言」を、25日をもって前倒しで終了することとしました。
 宣言は終了しますが、次の感染拡大を防ぐためにも、引き続き、基本的感染防止対策を継続していただくよう、改めてお願いします。
 また、コロナも、他の重い病気やケガも、ともにバランスを取りながら医療を提供していくために、県では、かねてから「感染者の全数届出の見直し」を国に求めてきました。
 そうしたところ、国はこれまでの取扱を変更し、9月26日から発生届を提出する方を、65歳以上の方などに限定することとしました。これにより、医療機関の事務負担は大きく減少し、県民の皆様の命を守る医療体制がよりしっかりと確保されるようになります。
 一方で、多くの方が、届出の対象外となるため、県では全国に先駆けて行ってまいりました「自主療養届出制度」を発展させて「陽性者登録窓口」とし、登録していただいた方の情報を把握していきます。
 そして、療養生活に関する相談を受ける「療養サポート窓口」や、体調が悪化した際の「コロナ119」でしっかりと相談に対応し、医療に繋げてまいります。
 県は今後も、医療体制の確保や、新型コロナの影響を受けた地域経済の回復などに、全力で取り組みます。新型コロナを克服し、一日でも早く収束が図れるよう、引き続き、県民の皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。
(知事メッセージ9月21日(水曜日)公開より)

県民の皆様へお願い

一人ひとりが徹底用心(法によらない働きかけ)

〇M・A・S・Kなど基本的感染防止対策の再徹底
  • 適切なマスクの着用、三密の回避、手洗い等の手指衛生、効果的な換気等
  • 会食の際は、短時間、少人数で、マスク飲食の実践
〇高齢者や基礎疾患がある方など重症化リスクの高い方を感染から守る対策の徹底
  • 高齢者や基礎疾患のある方や同居家族は家庭内でもマスク着用などの「うつさない、うつらない」対策の実施
〇マスク飲食実施店の利用
〇ワクチン接種の積極的な検討

〇感染時の自宅療養に備えた抗原検査キットや食料等の備蓄

〇療養期間中の外出等の際は、マスク着用の徹底

セルフテストと陽性者登録(法によらない働きかけ)

〇体調に異変を感じたら抗原検査キットによるセルフテスト
〇感染した場合はハイリスク者以外の方は「陽性者登録窓口」への登録を第一の選択肢に

事業者の皆様へお願い

飲食店等

〇短時間、少人数、マスク飲食などの感染防止対策の推奨(法によらない働きかけ)
〇飲食店等での感染対策の強化、特に換気とマスクの適切な着用・マスク飲食(法によらない働きかけ)
〇業種別ガイドライン遵守(法第24条第9項)
〇マスク飲食実施店認証制度の取り組みの継続(法によらない働きかけ)
 

大規模集客施設等

〇人が集まる場所での感染対策の徹底(法によらない働きかけ)
  • 従業員への検査の勧奨・適切な換気・手指消毒設備の設置
  • 入場者の整理・誘導・発熱者等の入場禁止
  • 入場者へのマスクの着用等の周知
〇業種別ガイドライン遵守(法第24条第9項)
 

事業者全般に対して

  • 職場における感染防止のための取組(テレビ会議の活用等)(働きかけ)
  • 在宅勤務(テレワーク)等の推進(働きかけ)
  • 業種別ガイドライン遵守(法第24条第9項)
  • 従業員や児童生徒等からコロナ感染による休暇取得を求められた場合、証明のための医療機関の受診や、療養証明書の提出を求めず、必要な場合は診療明細書、セルフテストの画像、県の陽性者登録窓口に登録後に送られた受付確認メール等の代替書類の提出により休暇を認める。(働きかけ)

イベント

〇次の人数上限を遵守(法第24条第9項)
イベント人数上限
区分
5,000人
以下の
施設
5,000人超
から1万人
以下の施設
1万人超の
施設
大声
あり
チェックリスト
公表
収容定員の半分まで可 
大声
なし
チェックリスト
公表
(安全計画なし)
収容定員
まで可
5,000人まで
収容定員の
半分まで可
安全計画
策定
収容定員まで可
(注1)大声の定義「観客等が、通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること」
(注2)令和4年9月9日より、同一イベントにおいて、「大声あり」、「大声なし」のエリアを明確に区分して開催する場合の収容率の上限は、それぞれ、50%(大声あり)・100%(大声なし)とする。(緊急事態措置区域及び重点措置区域以外の場合に限る。)
〇感染防止対策の徹底(法によらない働きかけ)  
〇業種別ガイドライン遵守(法第24条第9項)

このページについてのお問い合わせ先

健康課

〒254-0082 神奈川県平塚市東豊田448番地3 保健センター
直通電話:0463-55-2111
ファクス番号:0463-55-2139

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?