宅地建物取引業法施行規則の一部改正に伴う水害ハザードマップの確認について

近年、甚大な被害をもたらす大規模水害時の頻発を受け、不動産取引時において、水害リスクに係る情報が契約締結の意思決定を行う上で重要な要素となっていることから、宅地建物取引業法施行規則の一部が改正されました。(令和2年7月17日交付、同年8月28日施行)
この改正により、水防法に基づき作成された水害ハザードマップ(洪水・内水・高潮)を活用し、宅地又は建物の所在地を示して説明することが、重要事項説明の項目に追加されました。
 

水防法に基づく想定最大規模の水害ハザードマップ作成状況

種別 ハザードマップ作成状況
洪水
平成31年3月に作成済み。洪水ハザードマップは、「相模川水系版」と「金目川水系版」の2種類があります。
内水 水防法に基づくハザードマップは作成しておりませんが、本市独自のシミュレーションとして、「平塚公共下水道事業計画」の降雨量(1時間に50ミリ程度)の大雨が市内全域に同時に降ったときを想定した平塚市内水ハザードマップを作成しています。
高潮 神奈川県により相模湾に関する高潮浸水想定区域が公表され次第、ハザードマップを作成する予定です。

その他、ハザードマップの確認方法や地点ごとの浸水深や過去の浸水履歴の確認方法については、
案内チラシをご確認ください。

平塚市が作成しているハザードマップについては、こちらをご確認ください。 

このページについてのお問い合わせ先

災害対策課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館3階
直通電話:0463-21-9734
ファクス番号:0463-21-1525

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?