障がい者ワークステーション事業(ワークステーションひらつか「夢のタネ」)

障がいのある方が、いきいきと働ける場を求めて

   ワークステーションひらつか「夢のタネ」は、支援員の指導の下で、障がい者スタッフが各課に潜在する軽易な事務作業をするための場所として平成27年2月に設置しました。
 知的障がい者等が市役所で働くことにより、仕事のスキルや社会性を身に付け、一般就労へのステップアップをするための支援をします。さらに、職員が担っている軽易な作業を「夢のタネ」に依頼することで、職員は政策形成事務など高度な仕事に集中して従事し、市役所全体の仕事の効率化を図ることも目的としています。
 障がい者ワークステーションの開設は、福祉的な視点と一事業者としての視点を合わせ持った「夢」のような取組です。この可能性は未知数であり、今はまだ一粒の「タネ」をまいたにすぎません。

夢のタネの目指すこと

夢のタネの運営目的
●福祉の視点
  「障がいのある人もない人も、ともにいきいきと生活するまちづくり」(平塚市障がい者福祉計画)を実現するため、障がい者の働く場を提供する。
  障がい者の一般就労へのステップアップを支援する。
●事業主の視点
 障がい者雇用を推進する。(法定雇用率の達成)
 公的な事業主として、障がい者雇用の推進モデルを示す。
 庁内の軽易な作業等を集約処理し、仕事の効率化を図る。

スタッフの目標
●礼儀正しく、あいさつができる。
●清潔な身だしなみを整える。
●わからないことは聞いて確認する。
●時間や期限を守り責任感を持つ。
●積極的に仕事をして、社会の役に立つ人になる。

事業内容

   障がい者が軽易な事務作業をする場所(ワーク ステーション)を庁内に開設し、支援員の指導の下、庁内で職員が担っている軽易な作業を集約処理しています。

業務実績

 平成28年4月から平成29年3月までに納入を完了した業務は622件で、市役所全体の78課(議会局・監査委員事務局含む)のうち、62.8%の49課 、累計で75.6%の59課から依頼を受けました。
 スタッフは、毎日朝礼で「スタッフの目標」を唱和し、一人ひとりが目標を胸に刻んで自らの知識や能力を高めるため、日々、一生懸命仕事に励んでいます。
 コピー機を始めとして、自動紙折り機・軽印刷機など受託業務に必要な機器の取扱いをマスターすることにより、仕事がよりスピーディで質の高いものになってきました。このことにより、さらに庁内の軽易な作業等を多くこなすことができるようになり、市役所内の仕事の効率化を図ることにも貢献できています。また、パソコンを使用する業務の依頼も増加し、例えば紙資料を電子データ化する作業やエクセルシートへのデータ入力作業にも取り組み、各自が事務処理能力の向上に励んでいます。作業に取り掛かる際には、作業手順や方法などを支援員が指示し、誤りのないよう注意して作業を行っていますが、スタッフは自分が担当している作業を早く効率的にする方法を自分で考え、工夫しながら仕事に従事しています。

・平成27年度業務実績上半期<PDF 212KB>
・平成27年度業務実績下半期<PDF 219KB>
・平成28年度業務実績上半期<PDF 215KB>
・平成28年度業務実績下半期<PDF 205KB>
 

障がい者ワークステーション事業概要


障がい者ワークステーション事業概要
   各年度の事業の状況をまとめた冊子です。

「夢のタネ事業概要(平成27年度)」(PDF337KB)
 

実習の受入れ

夢のタネからのお知らせ
   ワークステーションひらつか夢のタネでは、公的な事業主(市役所)としてさらに「障がいのある人もない人も、ともにいきいきと生活するまちづくり」を目指し、夢のタネで行っている市役所内の事務作業等の実習を福祉事務所等から受け入れています。

実習受入れ案内<PDF55KB>
福祉事業所等からの実習の受入れ要領<PDF128KB>

職員(障がい者スタッフ)の採用


嘱託員の募集のページを参照してください。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

行政総務課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
直通電話:0463-21-9754
ファクス番号:0463-23-9467

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?