用語説明

環境一般

  • 「公害」

 
 事業活動その他の人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる大気の汚染、悪臭、水質の汚濁(水質以外の水の状態又は水底の底質が悪化することを含みます。)、騒音、振動、地盤の沈下及び土壌の汚染によって、人の健康又は生活環境に係る被害が生ずることをいいます。

 

  • 「環境基準」


 環境基本法第16条で、「人の健康を保護し、及び生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準を定めるものとする。」と定義されている行政上の目標です。
 
 

  • 「規制基準」


 公害関係法令及び神奈川県公害防止条例で、事業者等が遵守すべき大気の汚染、水質の汚濁又は土壌の汚染の原因となる物質の排出、騒音、振動、悪臭に関する基準をいいます。

 

  • 「ppm、ppb」


 微量な物質の濃度や含有率を表すのに用いられ、ppmは100万分の1を意味し、ppbは10億分の1を意味します。(1ppm=1,000ppb)

大気関係

  • 「二酸化硫黄(SO2)」


 硫黄酸化物は、石油等の化石燃料や原料中の硫黄分の燃焼により発生します。また、火山の噴火によっても硫黄酸化物は発生します。硫黄酸化物のうち二酸化硫黄は呼吸器系障害の原因になるとともに酸性雨の原因となることが知られています。昭和40年代以降、燃料中の硫黄分の削減などの発生源対策により硫黄酸化物の排出量は大きく減少しました。これにより二酸化硫黄の環境濃度も大きく改善してきています。

 

  • 「窒素酸化物(NOx)」


 燃焼一般に伴って発生し、燃焼段階で燃料中の窒素が酸化されたり、空気中の窒素が酸化され発生する気体で、石油を燃焼するボイラー等(固定発生源)と、自動車(移動発生源)が主な発生源です。代表的なものは、NO(一酸化窒素)とNO2(二酸化窒素)であり、NO2は鼻、ノドに刺激的に作用し、呼吸器系統に障害を与えます。

 

  • 「一酸化窒素(NO)」


 酸素と接触すると二酸化窒素になる無色の気体です。各種燃焼ガスに含まれる大気汚染物質の一つで、大気中の光化学反応に主要な役割を果たしています。

 

  • 「二酸化窒素(NO2)」


 一酸化窒素が大気中で酸素と接触し、二酸化窒素となります。二酸化窒素はそれ自身の毒性のほか、光化学スモッグの原因にもなっています。また、冬季には気象条件により高濃度となります。

 

  • 「一酸化炭素(CO)」


 石油等の炭素化合物が不完全燃焼したときに発生する無色無臭のガスで、主に自動車排出ガス中に含まれます。体内に吸入されると血液中のヘモグロビンと結合し、酸素運搬力を弱め、中枢神経を麻痺(まひ)させたり、貧血症をおこしたりします。

 

  • 「全炭化水素(THC)」


 水素と炭素とからなる各種の炭化水素の全体を意味し、光化学反応性が高い「非メタン炭化水素」と光化学反応性を無視できる「メタン」の濃度で表されます。

 

  • 「メタン(CH4)」


 自然界では、湿地や湖沼の有機物が腐敗・発酵して発生すると言われています。また、人工的な発生源としては、稲田、家畜によるものや天然ガスや石炭の採掘などによるものが考えられます。

 

  • 「非メタン炭化水素(NMHC)」


 大気中に存在するメタン以外の炭化水素の総称です。非メタン炭化水素は、光化学スモッグ発生の原因となり、自動車、塗装、印刷工場等が発生源と考えられます。また、自然界では植物からも放出されると言われています。

 

  • 「オキシダント(Ox)」


 大気中の窒素酸化物や炭化水素などが強い紫外線により反応を起こして、二次的に生成される酸化性物質の総称であり、その大部分がオゾンで光化学スモッグの主成分です。

 

  • 「光化学スモッグ」


 工場や自動車から排出される窒素酸化物や炭化水素に、強い太陽の紫外線が当たって化学変化を起こして生ずるものです。その発生は気象条件に強く左右され、晴天の日で視界が悪く、高温、多湿、風が弱いときに発生しやすいです。

 

  • 「浮遊粉じん、浮遊粒子状物質」


 すす、土ぼこり、花粉など粒子状態で大気中に存在する物で、粒径が10マイクロメートル以下のものは大気中の滞留時間が長く、呼吸により気管や肺に入りやすいことから、特に浮遊粒子状物質として区別しています。呼吸器系への影響が大きく、せき、たん、呼吸困難などをひきおこす原因物質のひとつといわれています。

 

  • 「重金属」

 化学的には比重が4以上の金属の総称です。大気汚染物質として空気中に含まれる金属は、鉄、銅、亜鉛、ニッケル、マンガン、鉛、カドミウム、水銀、バナジウム等があります。一般的に体内に蓄積する性質があり、蓄積量によっては中毒症状をおこすことがあります。

 
  • 「日平均値の2%除外値」


 日平均値で示されている環境基準の適否を長期的に評価する時に用います。年間の有効な日平均値を大きい順に並べた場合、上位の順は変動幅が大きく、異常値や突発的な不確定要素が多いといわれます。そのため測定値数の2%に相当する高濃度測定値を除外した残りの値のうちの最高値を2%除外値といいます。

 

  • 「日平均値の年間98%値」

 

 二酸化窒素の評価方法で、年間における1日平均値のうち、低い方から98%に相当する値により環境基準の達成状況を評価します。

 

  • 「mg/日/100cm2」


 硫黄酸化物の二酸化鉛法などの吸着測定により汚染度を表す場合に用いられる単位。 100平方センチメートルの面積の捕集剤に1日あたり捕集される汚染物質を換算して表します。

 

  • 「Nm3/時(Nm3/h)」


 煙突などから排出される1時間あたりのガス量を表す単位。気体は温度、圧力により体積が変化するため、標準状態(1気圧、0度)に換算して表します。

 

  • 「二酸化鉛法」


 硫黄酸化物が二酸化鉛と反応して硫酸鉛を生成することを利用した測定方法です。二酸化鉛を塗布した布を円筒に巻き付け、1か月間シェルターに入れ大気中に暴露し、生成した硫酸鉛の硫酸イオンを定量分析するものです。

 

  • 「β線吸収法」


 ベータ線が物質の質量に比例して吸収されることを利用したもので、大気中の浮遊粒子状物質をろ紙上に捕集した上で、ベータ線を照射してその透過強度を測定し、浮遊粒子状 物質の質量濃度を測定します。

 

  • 「定電位電解法」


 大気中の一酸化炭素を測定器内の電解質に吸収酸化させ、その際に生ずる電流差を濃度に換算し測定する方法。

 

  • 「原子吸光光度法」


 金属の分析に用いられる方法で、金属イオンを含む試料溶液を炎による加熱やグラファイト管加熱等により原子化させ、これに外部から光を当てると、その原子に特有な波長が吸収されるという現象を利用したものです。

 

  • 「PTIO法」


 有機酸化剤PTIO(2-フェニル-4,4,5,5-テトラメチルイミダゾリン-3-オキサイド-1-オキシル)を一酸化窒素 酸化剤として用いた、一酸化窒素・二酸化窒素同時測定小型サンプラーによる窒素酸化物測定法。

水質関係

  • 「pH(水素イオン濃度)」


 水質の酸性やアルカリ性の程度を表す指標。pH7は中性を、それ以下は酸性、それ以上はアルカリ性を示します。一般的には、河川の表流水はpH7付近にあります。

 

  • 「COD(化学的酸素要求量)」


 水中の有機物を酸化剤で化学的に分解したときに消費される酸素の量で、BODと並んで汚濁を示す代表的な指標です。

 

  • 「DO(溶存酸素)」


 水に溶けている酸素の量をいいます。溶存酸素の量は、水温、気圧、塩分などの影響を受け、水温の上昇と共に減少します。汚染度の高い水中では微生物によって消費 される酸素の量が多いので、溶存酸素量は少なくなります。きれいな水ほど酸素は多く含まれます。溶存酸素は、水の自浄作用や水中の生き物にとって必要なものです。

 

  • 「BOD(生物化学的酸素要求量)」


 水中の有機物が微生物の働きによって分解されるときに消費される酸素の量で、河川等の汚濁を示す代表的な指標です。この値が大きいほど、河川などの水中には有機 物が多く、水質が汚濁していることを示しています。BODの高い水は生物的に分解されやすい有機物を多量に含んでいることを示し、このような水が河川に流入しますと、水中の酸素が多く消費され、生物の生存がおびやかされます。

 

  • 「SS(浮遊物質量)」


 水中に浮遊している微細な固形物の量。浮遊物質は、水の濁りの原因になるもので 魚類のエラをふさいでへい死させたり、日光の透過を妨げることによって水生植物の 光合成を妨害するなどの影響があります。

 

  • 「アンモニア性窒素(NH4+-N)」


 水が窒素で汚濁された場合、次第に分解してまずアンモニア性窒素を生成することから、水の汚染度を示す一つの指標になります。アンモニア性窒素はさらに酸化されて亜硝酸性窒素となり、最終的には硝酸性窒素となって安定します。主な発生源は、し尿、生活系排水、肥料、工場排水などです。

 

  • 「リン酸イオン(PO43-)」


 富栄養化を起こす一物質といわれています。発生源としては、し尿、生活系排水、肥料、畜舎排水、工場排水などです。

 

  • 「生活排水」


 し尿、炊事、洗濯、入浴等人の生活に伴い公共用水域に排出される水のこと。

 

  • 「界面活性剤」


 石けん、合成洗剤などの家庭用洗剤及び工業的に使用される分散剤、浸透剤、乳化剤などの総称です。界面活性剤は、陽イオン界面活性剤、陰イオン界面活性剤及び両 イオン性界面活性剤に分けられ、その内でも、陰イオン界面活性剤は家庭の洗剤として消費率が高く、今日では家庭排水の一成分となっています。

 

  • 「有機塩素系溶剤」


 公害用語としては、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタンの総称をいいます。 これらの物質は、強い脱脂作用を持つため金属の脱脂洗浄剤、ドライクリーニング用の洗浄剤に使用されています。また、発ガン性などが指摘され、地下水汚染を引き起こす新たな原因物質として問題となっています。

騒音、振動関係

  • 「環境騒音」


 ある測定点において観測されるあらゆる騒音源(より広い意味ではあらゆる音源)から総合された騒音をいいます。

 

  • 「生活騒音」


 法令の規制対象とならない、一般家庭からの生活に伴って発生するボイラ-、室外機の音、ペットの鳴き声等の音をいいます。

 

  • 「特定建設作業」


 建設作業のうち、特に著しい騒音・振動を発生する作業で、生活環境の悪化をもたらすものとして法律で定められています。

 

  • 「騒音レべル」


 騒音計で測定した、聴感補正ずみの音圧レベルをいい、単位はデシベルで表示されます。

 

  • 「振動レベル」


 振動レベル計で測定した、鉛直振動感覚補正ずみの振動加速度レベルをいい、単位はデシベルで表示されます。

 

  • 「90%レンジ」


 騒音の大きさの決定方法として、不規則かつ大幅に変動する場合及び周期的又は間欠的に変動し、その指示値の最大値が一定でない場合の騒音レベルの表しかたの一つで、ある実測時間内に騒音レベルを一定個数サンプリングした場合、全(すべ)ての測定値を大きさの順に並べかえて大きい方から5パーセント目の数値を90パーセントレンジ上端値といい、95パーセント目の数値を90パーセントレンジ下端値といいます。
90%レンジ上端値=L5、90%レンジ下端値=L95

 

  • 「中央値(L50)」


 騒音計の指示値が不規則かつ大幅に変動する場合の騒音レベルの表示法の一つで、 中央値はそのレベルより高いレベルの時間と低いレベルの時間が等しいことを意味します。「騒音に係る環境基準」や「自動車騒音の要請基準」では、測定結果の評価に中央値(L50)を採用しています。

 

  • 「80%レンジ」


 不規則かつ大幅に変動する振動の変動幅を表す量。ある実測時間内に振動レベルを一定個数サンプリングした場合、すべての測定値を大きさの順に並びかえて大 きい方から10パーセント目の数値を80パーセントレンジ上端値といい、90パーセント目の数値を80パーセントレンジ下端値といいます。「自動車振動の要請基準」では、測定結果の評価に80パーセントレンジの上端値(L10)を採用しています。
80%レンジ上端値=L10、80%レンジ下端値=L90

 

  • 「要請限度値」


 自動車から発生する騒音が、環境庁が定める自動車騒音の許容限度を越えていることにより、道路の周辺の生活環境が著しく損なわれているおそれがある場合、公安委員会に対して道路交通法の規定により車両の通行禁止等の措置を要請することのできる自動車騒音の基準値です。

悪臭関係

  • 「嗅覚測定法」


 人間の嗅覚を用いて、臭気を測定し、その臭いの強さを数値化する測定方法です。主に、三点比較式臭袋法が用いられます。

 

  • 「臭気濃度」


 三点比較式臭袋法を用いて、臭いのついた空気や水を臭いが感じられなくなるまで無臭空気(無臭水)で薄めたときの希釈倍数のことです。

 

  • 「臭気指数」


 臭気の強さを表す数値で、臭気濃度の常用対数を10倍した数値です。
 臭気指数=10×Log(臭気濃度)

地盤沈下関係

  • 「精密水準測量」


 土地の高さ(標高)を調査するため、調査対象区域に水準点を設置し測量すること。 水準儀及び標尺を用いて日本水準原点(国内の高さの基準となる点で、東京都千代田区永田町にあります。)及びこれに準ずる水準基点の高さと順次比べて高低差を求める作業。

このページについてのお問い合わせ先

環境保全課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館5階
直通電話:0463-21-9764
ファクス番号:0463-21-9603

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?