指定管理者制度の導入に関する考え方と選定方法

 平塚市では、基本方針をはじめとする以下の考え方に基づき、指定管理者制度の導入を行っています。また、導入済の施設については、モニタリングの実施等により高い水準での市民サービスが維持できるよう努めています。

指定管理者制度導入までの流れ

指定管理候補者選定について

 指定管理者の選定にあたっては、原則として対象施設の管理運営を委ねる団体を公募し、指定管理者選定等委員会において指定管理者となる候補者を選定します。候補者として選定された団体は、議会において指定の議決を経て、指定管理者の協定締結の手続きを行います。指定管理者選定等委員会の委員は、対象施設を担当する副市長、企画政策部長、総務部長、対象施設を担当する部の部長、識見を有する者として大学教授、税理士等の外部委員により構成しています。

会議の概要

 指定管理者選定等委員会は、指定管理者候補者の選定及び同委員会に設置されている評価部会において、必要に応じて導入施設の運用状況等に係るモニタリングを行います。平成28年度については、指定管理者制度の新規導入及び更新の意向があった場合の指定管理者候補者の選定及び現指定期間3年目となる施設の第三次評価を予定しています。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

資産経営課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
直通電話:0463-21-8763
ファクス番号:0463-23-9467

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?