平塚空襲の体験をきく会

平塚市では、昭和60年12月20日に恒久平和を願い、美しい地球を守るため、「核兵器廃絶平和都市」を宣言して以来、「アイ ラブ ピース」を合言葉に様々な平和推進事業を実施しています。
終戦から70年以上が経過し風化する戦争の悲惨さを、平塚空襲体験者の話により子どもたちに伝え、当時の状況や戦争の恐ろしさを知ってもらうとともに、平和の尊さ、大切さを再認識してもらうことを目的としています。

平成30年度は、次のとおり実施しました。(平成30年9月末現在)

【大住中学校】
日時:6月29日(金)午後2時30分から午後3時20分まで
会場:平塚市立大住中学校体育館
参加者:大住中学校2年生 99人
 
【花水小学校】
日時:9月19日(水)午前10時50分から午前12時10分
会場:平塚市立花水小学校体育館
参加者:花水小学校6年生165人

講師:江藤 巖 (平塚の空襲と戦災を記録する会)
  • 平塚空襲の体験をきく大住中学校の生徒
  • 平塚空襲の体験に参加する花水小学校の生徒

平塚空襲をご存知ですか?

  • 平塚空襲時に使用された焼夷弾の写真。野球のボール5つほどの大きさです。
 平塚市は1945年(昭和20年)7月16日午後11時32分から17日の午前1時12分までの間にB29爆撃機132機により空襲を受けました。B29から投弾されたしょうい弾は、全部で44万7,716本。一晩で受けた数としては、全国で3番目の数になり、その結果、死者328人、重軽傷者268人、り災戸数7,678戸にのぼりました。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

行政総務課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
直通電話:0463-21-9754
ファクス番号:0463-23-9467

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?