肝炎ウイルス検診

肝炎ウイルス検診とは

 肝炎とは、肝臓が炎症を起こし、肝細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。日本では肝炎のうち「肝炎ウイルス」の感染による「ウイルス性肝炎」が約8割を占めています。
 B型及びC型肝炎ウイルスの患者・感染者の合計は300万人以上と推定され、国内最大級の感染症といわれています。
 放置すると慢性肝炎や肝硬変、肝がんに進行することもあります。しかし、適切な健康管理・治療で肝炎から、肝硬変や肝がんに悪化するのを予防することが可能です。
 肝臓は沈黙の臓器といわれていて、肝炎になってもなかなかSOSを出しません。「体がだるい」と感じる頃にはかなり重症になっています。感染しているかどうか確認するためには検査を受ける必要があります。
 平塚市では、肝炎による健康障がいの回避、症状の軽減や進行の遅延を図ることを目的に肝炎ウイルス検診を実施しています。これまでに、肝炎ウイルスの検査を受けたことがない方は、ぜひ受診していただくことをお勧めします。

肝炎ウイルス検診の内容

対象者

 40歳以上(令和2年度は昭和56年3月31日以前生まれ)の方で、過去に肝炎ウイルスの検査を受けたことのない方
  ただし、特定健診等において肝機能検査の数値に異常が見られた方は、希望により検診を受けていただくことができますが、速やかに医療機関にかかることをお勧めします。
 

実施期間

   令和2年6月1日~令和3年3月31日
 

受診方法

   直接、実施医療機関に申し込みください。
  ※なるべく特定健康診査(もしくは相当する健康診査)と同時に受診してください。
 

実施医療機関

   実施医療機関一覧(PDF195KB)から受診できる医療機関をご覧になれます。
 

費用

 1,200円
 

免除について

 次のいずれかに該当する場合、受診費用が免除(無料)になります。
 なお、受診時に下記の証明となるものの提示が必要となります。
  1. 生活保護法による被保護世帯の方
     「生活保護受給者証」
     
  2. 市民税非課税世帯に属している方
     「令和2年度平塚市保健事業受診者負担金免除申請に係る市民税非課税証明書」
      (市役所及び市民窓口センターにて無料発行:身分証明書持参)、又は、
     「令和2年度の介護保険料納入通知書(所得段階区分が1~3段階の方)」
      (65歳以上の方に6月送付)
  3. 65歳以上70歳未満で市長の障がい認定を受けている方 「マル障医療証」
     
  4. 70歳以上の方 「健康保険証」
     
  5. 中国残留邦人等及び特定配偶者支援給付受給の方 「本人確認証」

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

健康課

〒254-0082 神奈川県平塚市東豊田448番地3 保健センター
直通電話:0463-55-2111
ファクス番号:0463-55-2139

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?