同日抽選案件の受注数制限の試行について

 業務委託における品質の確保と事業者の受注機会の均等を図るため、平成28年度から契約検査課が電子入札システムで行う入札のうち、樹木保護管理委託において、同日抽選の受注数制限を試行しました。
 平成29年度から、対象工種を拡大し、樹木保護管理委託、土木一式工事及びほ装工事で試行しています。また、受注できる上限の件数を2件から1件に変更しました。
 

実施方法

制度の対象となる案件

対象となるのは、次の条件を満たすものです。
  • 樹木保護管理委託、土木一式工事及びほ装工事のいずれかで発注された案件
  • 同日開札かつ同工種同ランクの案件
  • 落札者を抽選により決定する場合

抽選の手順

  1. 案件番号順に抽選を行います。
  2. 各業者1件を上限として落札できます。
  3. 上限1件に達した場合、その後の当該業者の入札は【無効】として扱います。
  4. それ以降の案件は、上限到達の業者を除いて抽選を行います。
※ただし、抽選の対象業者が1者以下になった場合は、以上の条件は適用されません。
※詳細は「樹木保護管理委託 同日抽選の受注数制限例」を参照してください。

このページについてのお問い合わせ先

契約検査課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館5階
直通電話:0463-21-8780(契約担当) /0463-21-8788(検査担当)
ファクス番号:0463-21-9601

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?