養育医療給付

養育医療給付とは

養育医療給付は、お子さまが未熟児でお生まれになり、指定養育医療機関の医師が入院治療の必要を認めた時の医療費を公費で助成するものです。

対象者

平塚市内に住所を有し、下記のいずれかに該当する0歳のお子様
  • 出生時の体重が2,000グラム以下
  • 生活力が弱く、医師が入院養育を必要と認めた場合

給付期間

指定養育医療機関に入院中の治療に限られます。ただし、給付対象期間は最長で1歳の誕生日の前々日までです。
※指定養育医療機関について、こども家庭課に確認してください。

助成対象

  • 入院治療費(保険診療分)
自己負担が「2割負担」から「所得に応じた自己負担金」に減額されます。
 
  • 入院時食事療養費標準負担額
全額公費で助成されます(所得制限あり)。

※所得に応じた自己負担金(徴収基準月額)については、下記の注意事項を参照ください。
※おむつ代等の保険適用外のものは助成の対象に含まれません。

申請方法

給付を受けるには、こども家庭課に必要書類を添えて申請してください。
  1. 養育医療給付申請書
  2. 世帯調書
  3. 養育医療意見書(指定養育医療機関の医師が記入しますので、本制度に該当になるか担当医と相談ください。)
  4. 世帯全員の所得税額が証明できるもの(源泉徴収票又は確定申告の控え)
  5. お子様の健康保険証(お子様が加入予定の保護者の健康保険証でも受け付けます。)
  6. 申請者の身分確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)
  7. 個人番号カード」又は「通知カード」及び「本人確認書類(免許証、パスポ-ト等)
※顔写真がないものは2種類以上の本人を確認できるものが必要です。(例)国民健康保険被保険者証と年金手帳   

1~3の各種申請様式はこちら。
(申請様式は窓口でも配布しております。)
 

注意事項

  • 「所得に応じた自己負担金」については、神奈川県内の医療機関であれば、小児医療証を併せて使用することで、保険診療分の入院治療費が無料になります。
  • 神奈川県外の医療機関の場合は、小児医療証をお使いいただくことは出来ません。「所得に応じた自己負担金」を一度お支払いいただき、後日平塚市へ小児医療費の払い戻しの申請をしてください。(小児医療費の払い戻し申請については各種申請様式のペ-ジを参照ください。)
  • 入院時食事療養費標準負担額は、申請者の所得によっては助成対象外になる場合があります。
  • 養育医療給付の申請より先に医療費の支払いが完了してしまうと、助成が受けられなくなってしまいますので、養育医療給付の申請を希望する場合は、あらかじめ医療機関にその旨を伝え、支払いを待ってもらうようにしてください。
  • 所得に応じた自己負担金(徴収基準月額)について(PDF:71KB)

 

このページについてのお問い合わせ先

こども家庭課(児童手当・医療担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-9844
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?