【総合公園】日本庭園ー山・森のゾーン

日本のわび・さびを知る

  • 園亭からの風景

平成元年10月に開設された日本庭園は、8,150平方メートルの敷地内に、池を中心に配した回遊園路を巡りながら、移り変わる風景を観賞する回遊式庭園です。
庭は大別して「山」「森」「水」の3つのゾーンに分けられ、流れは、池の東側を「上流」、池の西側を「下流」とし、全体として東から西へ流す構成となっています。
最近は、何かと海外のデザインなどが取り入れられる事が多い世の中ですが、たまには日本情緒あふれる雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか?
日本人に生まれてよかったなあと思えるのが、この日本庭園です。皆様の御来園をお待ちしています。
開園時間:午前9時から午後5時(6月から9月は午前9時から午後7時)
休園日:なし

「山」のゾーン

源泉

日本庭園源泉の画像 日本庭園南門を入り右手の石段を上ると「山」ゾーンに入ります。周囲は、大木(タイサンボク、クロマツ、イチョウ等)を活用し、クヌギ、コナラ、モミジ、カエデ等の落葉樹を主体に雑木林を形成する植栽となっており、山奥の雰囲気を漂わせています。写真は、庭園を流れる水の源泉部です。常緑樹が茂るなか、岩から湧き出ています。

渓流

日本庭園渓流の画像 写真は、源泉から流れる渓流部です。渓流には自然石の筋違い橋が架かっています。
この下流は岸辺に熊笹などが茂り、苔をのせた岩など、歩いてみると、本当に山奥の小道を歩いているような錯覚にとらわれ、市街地の中心に自分がいることを忘れさせてくれるような趣を出しているのが、この「山」ゾーンです。この下には滝があり、池へと流れ落ちています。

園亭

日本庭園園亭の画像 山を降り、モミジのある石段を登ると、一本柱の園亭があります。
このページの一番上の写真(トップ)は、ちょうどこの園亭から見た風景で、芝生の斜面が池に向かって開け、池、四阿(あずまや)、流れなど庭の中心部が一望できる見晴らしのよい里山の趣をなしています。

「森」のゾーン

藤棚

日本庭園藤棚の画像 「山」ゾーンの小道を北へ向かって下り、池の北側に築山された「森」のゾーンは、常緑樹を主体とした、森を形成しています。
写真は池の北側「森」ゾーンより「山」ゾーンへ向かう小道。
斜面の裾には竹林やモミジなどの落葉樹や藤棚などがあり、5月ごろになると藤の花が咲き乱れます。

竹林

日本庭園竹林の画像 写真は竹林。どこかの時代劇でお供を連れて、歩いていそうな風景ですね。竹林の反対側には、池と四阿が見えます。

アクセス

日本庭園への行き方はアクセスのページからどうぞ

このページに関連する情報

このページについてのお問い合わせ先

総合公園課

〒254-0074 神奈川県平塚市大原1番1号 総合公園管理事務所
直通電話:0463-35-2233
ファクス番号:0463-35-3471

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?