市民の木・市民の花

 昭和57年(1982年)4月1日、平塚市の市制施行50周年を記念して、市民の方に自然を愛し、うるおいのある緑豊かなまちづくりの意識を育み、郷土愛を培っていただくために、平塚市を象徴して将来にわたって親しめる市民の木として「くすのき」が、市民の花として「なでしこ」が制定されました。

市民の木くすのき

  • くすのきの樹木全体像が写った写真
 くすのき(くすのき科)は、関東地方から西南の地域に多い常緑の高木で、樟脳(しょうのう)をとることでよく知られている樹木です。
 若葉が美しく、また樹形が雄大で特に神社やお寺の境内に大木が多く、市役所前の街路や平塚八幡宮ではみごとな並木と林が見られます。

 樟脳(しょうのう):くすのきの幹や根・葉を蒸留した液を冷却したときに精製される無色半透明の結晶。フィルムや色々な薬品にも使われます。

市民の花なでしこ

  • なでしこの花の写真
 なでしこ(なでしこ科)は、山や野原にはえる多年草で、夏から秋にかけてピンク色の美しい花を咲かせます。
 花弁は5枚で、先は糸のように切れ込んでいます。
 上記の写真は、ナデシコを代表する品種の「かわらなでしこ」です。
 近年では、自生のものは見つけにくくなっています

くす丸くんとなっちゃん

  • 左側になっちゃん、右側にくす丸くんの画像
 くす丸くんとなっちゃんは、市民の木くすのきと市民の花なでしこから生まれたキャラクターです。
 平成元年(1989年)に行われた「ひらつかグリーンタッチ'89」で、くすのきは「たくましさ、生命力」を、なでしこは「やさしさ、愛」をイメージしてキャラクターが作られました。
 そして、かながわ都市緑化平塚フェア実行委員会がくすのきとなでしこのキャラクター化したマスコットの愛称を公募し、くすのきのキャラクターに「くす丸くん」、なでしこのキャラクターに「なっちゃん」と名前がつけられました。

このページについてのお問い合わせ先

みどり公園・水辺課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-9852
ファクス番号:0463-21-9769

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?