「市民活動支援」の寄附を募集しています!

あなたの寄附が平塚を救う!

「市民活動支援」の寄附を募集しています!

 

 市民活動団体は、環境や子育て、高齢者、ゴミ問題、まちづくりなど、平塚市の多くの困りごとを解決するために活動しています。

 いただいた寄附は、平塚市のために活動する団体の支援に使わせていただきます。


ひらつか市民活動センター(外部リンク)にて、「たすけ愛文庫 古本市」も開催中です!
「たすけ愛文庫」とは、読み終わって寄附していただいた本をセンターの常設ブースに出し、1冊100円以上で「市民活動支援」への寄附と交換する制度です。
 

今までにいただいた寄附のご紹介

今までにいただいた寄附金は合計8,214,930円です。
  令和元年度の寄附額 
  寄附年月日 寄附者氏名・団体称(敬称略) 金額(円)
1 令和元年5月7日 たすけ愛文庫 12,755
2 令和元年6月3日 たすけ愛文庫 19,050
3 令和元年7月1日 たすけ愛文庫 10,520
4 令和元年8月1日 たすけ愛文庫 11,702
5 令和元年8月2日 公益信託ひらつか市民活動ファンド受託者
三菱UFJ信託銀行
1,205,072
6 令和元年9月2日 たすけ愛文庫 7,100
7 令和元年9月27日 グランドホール金目店 90,200
8 令和元年10月1日 たすけ愛文庫 10,250
9 令和元年11月1日 たすけ愛文庫 15,250
10 令和元年12月2日 たすけ愛文庫 20,059

11
 令和2年1月6日 たすけ愛文庫 10,304
12 令和2年1月27日 非公開 非公開
13 令和2年2月3日 たすけ愛文庫 15,450
14 令和2年2月25日 非公開 非公開
15 令和2年3月2日 非公開 非公開
16 令和2年3月2日 たすけ愛文庫 8,600
17 令和2年3月31日 たすけ愛文庫 3,800
18 令和2年3月31日 募金箱(センター設置) 3,234
    合計金額 1,584,727


平成30年度の寄附(PDF 111KB)
平成29年度の寄附(PDF 136KB)
平成28年度の寄附(PDF 132KB)
平成27年度の寄附(PDF 8KB)
平成26年度の寄附(PDF 7KB)
平成25年度の寄附(PDF 7KB)
平成24年度の寄附(PDF 7KB)
平成23年度以前の寄附(PDF 5KB)
 

たすけ愛文庫

ひらつか市民活動センターに読み終わった本を寄附していただき、その本を1冊100円以上の寄附金と交換しています。
現在ひらつか市民活動センターではこの「たすけ愛文庫 古本市」を開催中です!
寄附金、交換用の本、どちらも募集しています。あなたも読み終わった本のリサイクルでひらつか市民活動ファンドを応援しませんか?!

寄附金額:1,098,946円(令和2年3月末現在)

 

”たすけ愛”募金箱

平成23年3月から募金箱を「ひらつか市民活動センター」に設置しています。団体のイベントやバザーでもおいていただけるように移動式の募金箱も用意してあります。是非ご協力ください。
 
募金箱の金額報告
期間 金額
平成23年3月から12月まで 12,916円
平成24年10月21日
日産車体企業祭 遊人ぴあ
7,740円
平成25年3月9日
ひらつな祭(団体への貸出)
2,000円
平成24年1月~平成24年12月 722円
平成25年9月9日
日産車体企業祭 遊人ぴあ
2,310円
平成25年1月~平成25年12月 1,112円
平成26年1月~平成26年12月 2,001円
平成27年1月~平成28年2月 6,317円
平成28年3月~平成29年2月 734円
平成29年3月~平成30年3月 1,592円
平成30年4月~平成31年3月 7,768円
平成31年4月~令和2年3月 3,234円
合計 48,446円

たすけ愛自動販売機

飲み物を買うと、その売り上げの一部(例:販売機提供業者や設置者などから、1本につき1~3円)が市民活動への寄附となる自動販売機です。
設置してくださる方、募集中!設置してくださった場合、センター情報紙「ひらつかの風」(旧センターだより)やホームページにて紹介させていただきます。  ひらつか市民活動センターだより紹介例(PDF 271KB)

 たすけ愛自動販売機設置協力企業:

  •  市川商事株式会社 様
  •  横浜銀行平塚支店 様
  •  平塚市民病院売店組合 様
  •  浜岳産業株式会社 様
  •  湘南倉庫運送株式会社 様


 

寄附のメリット

寄附をすることで、市民活動団体がよい活動をできるだけでなく、寄附者にもさまざまなメリットがあります。
 

メリット1:地域への貢献

 市民活動団体は、みなさんが住んでいる地域をより良くしようとする活動をしています。
 寄附して団体を応援することが、みなさんの生活をさらに良くすることにも繋がります。
 

メリット2:税金の控除

 市役所を経由し、ふるさと納税制度を利用すると、個人の方は寄附の金額に応じて税金が控除されます。
 企業の場合は、損金算入することができます。

控除の例:

個人の場合 ・・・所得が510万円の人の場合(夫婦と子供2人)
          所得税の税率:10%
 30,000円寄付すると
  1. 所得税は         (30,000円-2,000円)×所得税率=2,800円
  2. 住民税(基本控除)は(30,000円-2,000円)×10%=2,800円
  3. 住民税(特例控除)は(30,000円-2,000円)×(90%-所得税率)=22,400円
 合計で28,000円税金が控除となります。 (例であり、その方の状況によって控除額が異なる場合があります)
 

メリット3:PRと報告

 センターホームページやセンター情報紙「ひらつかの風」、平塚市のホームページなどで紹介します。
 また、いただいた寄附がどんなことに使われているかを、お知らせいたします。

寄附の方法

振込用紙を利用しての銀行振り込みや、直接協働推進課に寄附金をお持ちいただくなど、さまざまな方法があります。
寄附の方法に関してはご相談させていただきますので、寄附をお考えの方は、是非、協働推進課にご連絡ください。
お問合せ先はこのページの一番下にあります。

寄附の流れ

市民活動への寄附の大まかな流れは以下のようになります。
  1. 団体や企業等から寄附の申し出(窓口:協働推進課)
協働推進課への来庁、お電話、FAXなどどんな形でも結構ですが、来館される際には前もってご連絡ください。
 
  1. 「寄附申出書」の提出
来庁の際は窓口でご記入いただけます。その他、用紙をお送りしてFAXなどでも提出いただけます。
(用紙は協働推進課やひらつか市民活動センターにあります。またこのページからダウンロードもできます) 寄附申出書(WORD 47KB)   寄附申出書(PDF 95KB)  
 
  1. 協働推進課から納付書が届く
FAXやお電話などで、寄附の申し出をいただいた場合は、寄附金額の入った納付書が協働推進課から届きます。
お近くの金融機関で納付をお願いいたします。
直接協働推進課に現金を持って来庁された場合は、納付書は出ません。「寄附金預り書」をお渡しします。
 
  1. 「寄附金受領証明書」が届く
納付書で納めていただいた場合は約2週間後に、「寄附金受領証明書」が協働推進課より届きます。
センターに直接お持ちいただいた場合は、約1週間後に「領収書」と「寄附金受領証明書」が届きます。
この「寄附金受領証明書」は税金の控除に使うことが出来ます。
 
  1.  その後
寄附していただいたお礼として、「センター情報紙・ひらつかの風」「センターホームページ」などで紹介をさせていただきます。
いただいた寄附がどのような活動に使われたかがわかる、市民活動推進補助金(旧・市民活動ファンド)の報告書などを随時お送りいたします。
確定申告をしていただくことで、所得税と住民税が控除となります。(企業様の場合は、損金算入することができます)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

協働推進課(市民協働担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館7階
直通電話:0463-21-9618
ファクス番号:0463-21-9756

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?