少年の主張作文コンクール

第32回少年の主張作文コンクール(平成30年度)

 子どもたちが日常生活の中で考えていること、自分の夢、自分と社会のかかわりについてなどを題材にした作文を対象に行っています。  今年度の募集は、6月頃小・中学校を通じてチラシを配布する予定です。

 

第31回少年の主張作文コンクール審査結果(平成29年度)

応募総数

 小学生の部 51点(対象 小学5、6年生)
 中学生の部 44点(対象 中学生)

入賞作品

 小学生の部 11点(最優秀賞1点、優秀賞2点、優良賞3点、奨励賞5点)
 中学生の部 11点(最優秀賞1点、優秀賞2点、優良賞3点、奨励賞5点)
   

小学生の部 最優秀賞

 松が丘小学校6年 早川 拓真(はやかわ たくま)さん
 『新たな世の中』  
ヒアリの問題からテレビの報道内容は、視聴率を稼ぐために事実とは異なったことを放送しているのではないかという指摘、インターネットやSNSに関しても同じことが言えるという指摘をまとめ、他の作品とは異なる斬新な切り口で書かれている点等が評価されました。

 小学生の部 最優秀賞 『新たな世の中』(PDF 112KB)
 

中学生の部 最優秀賞
  
 中原中学校2年 錦織 有来(にしきおり ゆな)さん
 『平等な世界へ』
重症心身障がい児である双子の姉のことで悪口を言われたり、偏見を持たれたりした経験から障がい者と健常者が対等に過ごせる世の中になってほしいという主張をまとめ、自分なりの主張を展開している点等が評価されました。

 
 中学生の部 最優秀賞 『平等な世界へ』(PDF 142KB)
 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

青少年課(青少年育成担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-71-5950
ファクス番号:0463-21-9738

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?