様々な道路改良事業の紹介

より便利で安全な道路”みち”を目指して

みち”は人や車などが往来するところで、橋やトンネルも含まれます。
 “みち”をつくる仕事は、街路・橋りょうの整備、一般道路改良・交差点改良・歩道設置事業などに区分しています。
 それぞれつくる“みち”は次のようになります。

街路整備事業

  • 写真:五領ヶ台西線 五領ヶ台西線の写真
 市街地と市街地を結ぶ大きな“みち”をつくります。

橋りょう整備事業

  • 写真:東雲橋 東雲橋の写真
 川・道などの上に架設して通路とする“みち”(橋)をつくります。

生活道路整備事業

  • 写真:土屋57号線 土屋57号線の写真
 生活に使う“みち”をつくります。

交差点改良事業

  • 写真:五領ヶ台西線と金目神戸線の交差点 五領ヶ台西線と金目神戸線の交差点の写真
 交通渋滞を解消し、安全かつ円滑に通行することができる“みち”をつくります。

歩道設置事業

  • 写真:浅間町・南原線 浅間町・南原線の写真
 歩行者の安全かつ快適な通行を確保する“みち”をつくります。
  • 上記以外に、工事で必要な標準構造図の作成や、設計内容が統一されるように課内の基準書も作っています。

このページについてのお問い合わせ先

道路整備課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-9845
ファクス番号:0463-21-9769

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?