道路・水路等の境界確定と確定図証明

道路・水路等と隣接地との境界確定について

 平塚市が管理する道路や水路及びそれらに附随する畦畔等と、その隣接地との境界(所有権界)を確定することを、道水路等境界確定といいます。

 平塚市では、隣接地所有者全員が境界立会を行い、境界線について合意に至った場所に境界標の設置及び境界確定図の作成を行い、データの保管や証明発行等を行っています。

境界確定図の発行について

 境界確定図は平塚市が管理する道路・水路等の境界が確定している場所について、その境界線や幅員、境界標の位置等を記載した図面で、道路・水路等に面した土地の地積測量図作成、地図訂正、建築行為、宅地開発、塀等の構造物設置等の、申請及び施行等に必要なものです。  
 境界確定図の証明は、土木総務課境界管理担当窓口で、1件につき500円で原則として即時交付しています(なお、閲覧についても手数料として500円が必要です)。測量成果も発行していますので、必要な方は申請してください。  
 証明・閲覧申請の際には、住宅地図や公図等を持参していただきますと、発行事務の時間短縮につながりますので、ご協力をよろしくお願いします。
 ※即時交付の制限をいたします。申請件数が多数の場合、また交付に時間を要すると判断した場合など後日交付とさせていただきます。ご理解とご協力お願いいたします。

境界確定の申請について

道路・水路等との境界が未確定の場合で、境界確定を行う場合は本市への申請が必要です。

申請に必要な書類は下記のとおりです。 
  1. 道水路等境界確定申請書(word 40KB) (必ず厚紙を使用してください。 厚紙がない場合には窓口にて支給致します)
  2. 位置案内図1部(申請場所を朱線で明示) 
  3. 公図写し(申請場所を朱線で明示)
  4. 隣接地所有者の立会同意届出書(申請者にて境界確定業務を行う場合には不要)
  5. 登記記録全部事項証明書(交付後1月以内のもの)
  6. その他、境界確定に必要な書類等 
     

なお、過去に境界確定の立ち合い等を行い、境界確定協議が不成立に終わった場所については、
原則申請者の費用負担での境界確定となります。

地籍調査について

 地籍調査とは、道路や水路と民地(宅地等)との境界を先行して調査する『官民境界等先行調査』と、一筆地ごとのすべての土地を調査する『一筆地調査』があります。
 本市では、平成20年度から『官民境界等先行調査』を実施しています。

 地籍調査のメリット
  1. 大規模な災害が発生した際に、より迅速な復旧が可能になります。(世界測地系座標による復旧)
  2. 相続などに伴う文筆や登記をする際の手続きが簡略化されます。
  3. 売買などの土地取引や家屋の建替えに伴う境界測量に役立ちます。
 【関連サイト】
 国土交通省 地籍調査Webサイト(外部リンク)

道路・水路幅員等の電話でのお問い合わせについて

 道路・水路等の現況幅員及び境界確定図上の幅員については、電話でのお問い合わせには回答していません。 
また、平塚市が認定している道路の番号と路線単位での認定幅員については、認定路線網図閲覧システムで御確認ください。

境界標について

平塚市が使用する、道路・水路等と隣接地の境界を示す境界標です。
 
市境界杭の写真
市境界杭
アスファルト舗装や土中に埋標するときに使います
市明示板の写真
市明示板
コンクリート構造物上に埋標するときに使います。


 いずれも官地側から埋標を行い、矢印の先端が官民の境界を表しています。
 なお、上写真は平成18年から使用しているアルミ製の境界標で、それ以前は境界杭はコンクリート製、明示板は真鍮製のものを使用していました。

このページについてのお問い合わせ先

土木総務課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-9847
ファクス番号:0463-21-9769

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?