平塚市管理のポンプ場紹介

ポンプ場の役割と所在地一覧

 汚水は地形に沿って自然流下されますが、土地の低い区域などにより下水道管が深くなった場合には、ポンプ場が必要になります。

 また、雨水は道路側溝や公共雨水桝(ます)から雨水本管に流入し、平常時は自然流下にて河川へ放流されます。しかし、台風等によって降水量が増えた場合や、河川の水位が上昇した場合は、自然流下で放流が出来なくなるため、ポンプ場にて雨水をくみ上げて河川へ放流し、市街地が浸水することを防止します。

 私たちの安全で安心な生活に欠かすことの出来ないポンプ場は、平塚市の場合は以下の場所に設置されています。

ポンプ場名 ポンプ形式 所在地
桜ヶ丘ポンプ場

桜ヶ丘ポンプ場の画像
[分流式]
汚水中継ポンプ・雨水ポンプ設備
桜ヶ丘6-35
東部ポンプ場

東部ポンプ場の画像
[合流式]
汚水中継ポンプ・雨水ポンプ設備
夕陽ヶ丘64-8
徳延ポンプ場

徳延ポンプ場の画像
雨水ポンプ場設備 徳延631
長持ポンプ場

長持ポンプ場の画像
雨水ポンプ設備 長持543
撫子原ポンプ場

撫子原ポンプ場の画像
雨水ポンプ設備 撫子原1-22
馬入ポンプ場

馬入ポンプ場の画像
雨水ポンプ設備 中堂250-1
東豊田工業団地ポンプ場

東豊田工業団地ポンプ場の画像
雨水ポンプ設備 東豊田651
山下ポンプ場

山下ポンプ場の画像
雨水ポンプ設備 山下99-1
馬入貯留管ポンプ場

馬入貯留管ポンプ場の画像
合流改善ポンプ設備 馬入3097-1


 ポンプ場には、雨水、汚水をくみ上げる揚水設備や、流れを制御するゲート設備、ごみや砂を取り除く除塵設備や沈砂地設備、そしてそれらを動作する電気設備が数多く設置されています。また、非常用発電設備を設置し、停電時に備えています。

 なお、桜ヶ丘ポンプ場にて全ポンプ場施設を統括管理しています。

このページについてのお問い合わせ先

下水道整備課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-8787(計画担当) /0463-21-9854(整備担当) /0463-21-9853(維持管理担当)
ファクス番号:0463-21-9605

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?