合併処理浄化槽の補助金

合併処理浄化槽設置費及び維持管理費補助金の交付制度

 生活系排水による公共用水域の水質汚濁の防止及び生活環境の悪化を防止するため、合併処理浄化槽を設置する方及び維持管理をする方にその費用の一部を補助しています。
 

この制度を利用できる地域

 市街化調整区域で、かつ将来にわたって下水道計画のない区域。
  • 土沢地域(土屋・上吉沢の一部・下吉沢)
  • 次の地域の一部:神田・城島・大野・金目・豊田・岡崎・金田・旭・馬入
 

補助金を受けられる人

 補助対象区域内で専用住宅又は併用住宅(延べ床面積のおおむね3分の1以上が居住用で占められるもの)に家庭用小型合併処理浄化槽を設置する人。ただし、販売の目的で建物を建築し、合併処理浄化槽を設置する場合は対象となりません。

なお、設置費の補助は汲み取り式トイレまたは単独処理浄化槽から合併処理浄化槽へ転換する場合のみ対象となります。
 

合併処理浄化槽設置費等補助

 浄化槽工事着工の前までに補助金交付申請書に計画書、予算書等を添えて申請してください。申請手続きは浄化槽工事店でも代行できます。

※補助の対象になるかを申請前に必ず下水道経営課にご確認ください。
 

設置補助金の申請手続き

浄化槽工事着工の前までに補助金交付申請書に計画書、予算書等を添えて申請してください。申請手続きは浄化槽工事店でも代行できます。

設置補助金の額

  • 居住の用に供する部分の面積が、130平方メートル以下(5人槽相当)
    • 補助金額 33万2千円
  • 居住に供する部分の面積が、130平方メートルを超えるもの(7人槽相当)
    • 補助金額 41万4千円
  • 浴槽及び台所が2箇所以上ある住宅(10人槽相当)
    • 補助金額 54万8千円

単独処理浄化槽を撤去し、合併処理浄化槽に転換する場合、撤去工事費用補助金として9万円を上限に設置補助金に上乗せします。
こちらも事前の申請が必要です。

合併処理浄化槽維持管理費補助

 合併処理浄化槽を、継続かつ適正に維持管理している人に対して、法定の維持管理(保守点検、清掃、法定検査)にかかった費用の一部を補助します。
 

維持管理費補助金の申請手続き

 維持管理費補助金交付申請書に加えて、
  1. 設置の届出に係る受理書の写し又は建築確認済証の写し
さらに、法定維持管理による
  1. 保守点検
  2. 清掃
  3. 法定検査
を行う業者との業務委託契約書の写し等を添えて申請してください。

 また、毎年度末に実績報告書に領収書、点検結果記録等を添えて申請してください。ただし、平塚市合併処理浄化槽設置等補助金交付制度の補助金の交付を受けた合併処理浄化槽又は2年次以降の申請については上記1から4の書類は省略することができます。
 

維持管理費補助金の額

 当該年度内に行った法定検査、保守点検及び清掃に要した費用のうち消費税を除いた額の2分の1(ただし、100円未満切り捨て)。なお、補助対象額の上限については、次のとおり変更ありません。
 
  • 法定検査
    • 検査に要した額
  • 保守点検
    • 9人槽以下にあっては17,000円、10人槽以上にあっては19,000円
  • 清掃
    • 1立方メートル当たり7,800円に浄化槽の容量を乗じて得た額

このページについてのお問い合わせ先

下水道経営課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-8785(排水設備担当・総務担当) /0463-21-8786(公営企業担当)
ファクス番号:0463-21-9605

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?