生活援助の取り扱い

居宅介護支援事業者、介護予防支援事業者の皆様へ

訪問回数の多い利用者への対応

 平成30年10月から、国が定める回数を超える訪問介護(生活援助中心型)をケアプランに位置付ける場合には、市にケアプランを届け出ることが必要となります。
 本市における取り扱いは次のとおりですので、該当する場合は速やかに介護保険課へ届け出てください。
 また、当該ケアプランを作成したケアマネジャーは、届出の翌月に開催するケアプラン検証会議へ出席していただきます。届出後、本市から出席依頼の連絡はいたしますが、あらかじめ下記の年間予定表で会議開催予定日を確認しておいてください。

趣旨

 利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、訪問介護における生活援助中心型サービスが通常の利用状況からかけ離れた利用回数となっている居宅サービス計画(以下「ケアプラン」という。)について、保険者へ届出を義務付け、そのケアプランに対し、保険者によるケアプラン点検及び多職種が参加するケアプラン検証会議を行う。
 点検及び検証の結果、利用者の自立支援にとって、より良いサービスとするため、必要に応じ、ケアマネジャーに対しサービス内容の是正を促す。

対象ケアプラン

次のいずれも満たすケアプランが届出の対象となります。
  1. 平塚市の被保険者で要介護1から要介護5の者に係るケアプラン。
  2. 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年厚生省令第38号)第13条第18号の2に基づき厚生労働大臣が定める回数及び訪問介護(厚生労働省告示第218号)を位置付けたケアプラン。
  3. 平成30年10月1日以降に作成又は変更し利用者の同意を得て交付したケアプラン。

提出書類

次の書類を提出してください。
  • ケアプラン第1表~第7表及びアセスメント表
  • ケアプランに位置付けられた各種サービス計画書
  • 訪問介護の必要性について説明した書類(ただし、上記書類の記載内容から必要性が分かる場合は省略可)

点検及び検証の流れ

  1. 担当ケアマネジャーから提出された上記書類をもとに、介護保険課がケアプラン点検を行う。
  2. ケアプラン検証会議を開催し、会議参加者(以下「検証メンバー」という。)でケアプランを検証する。
  3. 検証結果を担当ケアマネジャーに通知する。
  4. 検証の結果、改善又は是正を要すると判断された場合には、担当ケアマネジャーは再検討した結果を介護保険課に報告する。

※なお、検証メンバーは次のとおりです。
  • 地域包括ケア推進課の専門職からケアプランの状況に応じて選出した者
  • 当該ケアプラン点検を実施した介護保険課職員
  • 当該ケアプランを作成したケアマネジャー
  • 当該ケアプラン対象者の住所地を所管する高齢者よろず相談センター職員

届出期限

対象ケアプランを作成又は変更し、交付した翌月の最終開庁日

同居家族のいる場合の生活援助サービスの取り扱いについて

 同居家族がいる場合の生活援助の提供について一律に利用ができないわけではありません。
同居家族がいる場合に生活援助を利用できるのは、
  1. 利用者の家族等が障害や疾病の場合
  2. 利用者の家族等が障害や疾病がなくても、やむを得ない事情により家事は困難な場合
です。

 ケアマネジャーが利用者の世帯や家族の状況を確認し、十分なアセスメントを行い、ケアプランを作成し、生活援助が必要な理由を記載することになっています。
 ※ 文書での協議が不要となりました。

 以下を参考に御検討下さいますようお願いいたします。 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

介護保険課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8790
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?