マイナンバー制度における本人確認について

介護保険課での手続きが変わります。

平成28年1月から行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づき、介護保険課の手続きでは窓口で本人確認が必要となります。
窓口に来庁される際は、次の本人確認書類をお持ちください。本人確認には(1)番号確認(2)身元確認の2つの確認が必要です。

マイナンバーが追加となる申請書


注意事項等
  • 利用者がマイナンバーの記入を拒んだ場合や本人が認知症等で意思表示能力が著しく低下しており代理権の授与が困難な場合はマイナンバーを記入せずに申請することができます。
  • 事業所が利用者のマイナンバーを書き留めたりすることやマイナンバーがある書類の写しを保管することは禁止されています。(本人の同意があっても出来ません。)
  • 本人の代わりに使者が申請書の提出を行っただけに過ぎない場合は、使者の方の本人確認はありません。ただし、本人から申請書を預かる際は個人番号が見えないよう申請書を封筒に入れる等の状態で受け取ってください。なお、郵送の場合と同様、申請書には本人確認書類の写しの添付が必要です。

本人申請の場合

番号確認書類及び、身元確認書類が必要です。
 

 

番号確認書類一覧
  • 個人番号カード
  • 通知カード
  • 個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書

身元確認書類
1点のみで受付可能
  • 個人番号カード
  • 運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書
  • 官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類であって、写真の表示等の措置が施され、市が適当と認めるもの
2点以上で受付可能
  • 介護保険証や負担割合証、健康保険証、年金手帳、その他官公署等から発行された書類等(氏名及び生年月日又は住所が記載されているもの)




代理人申請の場合

代理権の確認書類及び、代理人の身元確認書類一覧が必要です。

代理権の確認書類一覧
  • 法定代理人の場合は、戸籍謄本その他その資格を証明する書類
  • 任意代理人の場合は、委任状
  • 官公署又は個人番号利用事務実施者から本人に対し一に限り発行・発給された書類(介護保険証又は健康保険証)

代理権の身元(実存)確認書類一覧表
1点のみで受付可能
  • 代理人の個人番号カード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保険福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書
  • 官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類であって、写真の表示等の措置が施されているもので氏名及び生年月日又は住所が記載されているもの(例:介護支援専門員証)※事業所の職員証は認められません
2点のみで受付可能
  • 介護保険証、公的医療保険証、年金手帳、その他、官公署等から発行された書類(氏名及び生年月日又は住所が記載されているもの)。
  • 法人の場合は、登記事項証明書その他の官公署から発行・発給された書類及び現に個人番号の記載をした利用者と当該法人との関係を証する書類。(例:介護保険指定通知書と利用者との契約書) 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

介護保険課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館2階
直通電話:0463-21-8790
ファクス番号:0463-21-9602

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?