耕作目的での農地の権利移動(農地法第3条)の許可

 農地又は採草放牧地について、売買・贈与・貸借などの権利の設定・移転をしようとする場合には、農業委員会の許可を受けなければなりません(農地法第3条第1項) また、この許可を受けないで行った行為は、その効力を生じません(農地法第3条第7項)

許可基準となる主な要件

農地法第3条に基づく許可を受けるためには、以下の要件を全て満たすことが必要となります。

  • 全部効率利用要件

  申請にかかる農地を含め、所有している農地又は借りている農地の全てを効率的に耕作すること 

  •  農作業常時従事要件

  申請者または世帯員等が農作業に常時従事すること 

  • 下限面積要件(※1)

  申請にかかる農地を含め、耕作する農地の合計面積が40アール(4000平方メートル)以上であること

  • 地域との調和要件

  申請にかかる農地の周辺農地の利用について、影響を与えないこと

  • 農地所有適格法人要件(※2)

  売買の場合、申請者が法人の場合には、農地所有適格法人の要件を満たすこと

 ※1 下限面積要件とは、経営面積があまりに小さいと生産性が低く、農業経営が効率的にかつ安定的に継続して行われないことが想定されることから、許可後に経営する農地面積が一定以上にならないと許可できないとするものです。
  平塚市では、市内の平均的な経営規模や耕作放棄地の状況等からみて、総会での審議及び決定後、平成26年6月1日から下限面積40アールを準用しています。

 ※2 農地所有適格法人とは、農業を事業の中心とすることや農業者が中心となって組織されること等、農地法第2条第3項の要件を満たす法人をいいます。その要件を満たしているかについては、事前に相談してください。

申請の手続きについて

許可申請書の受付は、原則として毎月上旬に締切日を設け、当月下旬に開催する総会で審議いたします。
なお、毎月の受付締切日から許可書の交付までの標準処理期間は30日です。
 ※受付締切日、総会の日程は、許可申請受付期間・総会スケジュールでご確認ください。


・申請から許可までの流れ
 
申請者
      ↓                 ↑
      ↓                 ↑
      ↓                 ↑

(1)許可申請書の提出       (3)許可通知・許可証交付
      ↓                 ↑
      ↓                 ↑
      ↓                 ↑
農業委員会
(2)総会にて審議


※提出書類については、提出書類の御案内 をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

農業委員会事務局

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館5階
直通電話:0463-21-9851
ファクス番号:0463-21-9601

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?