臨時運行許可(仮ナンバー)申請手続き

臨時運行許可(仮ナンバー)とは

臨時運行許可とは、未登録の自動車や自動車検査証の有効期限の過ぎた自動車を新規登録や新規検査、継続検査のため運輸支局等へ回送する場合などに、あらかじめ運行の期間、目的、経路などを特定したうえで特例的に運行を許可する制度です。

申請の際に必要なもの

個人での申請 法人での申請
・自賠責保険証の原本(コピー不可)
・自動車を確認するための書類(下記参照)
・申請者(窓口に来た方)の印
・申請者(窓口に来た方)の身分証明書
・手数料 750円
・自賠責保険証の原本(コピー不可)
・自動車を確認するための書類(下記参照)
・代表者印
・手数料 750円
・自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)証明書の原本(コピー不可)
(自賠責保険は許可の有効期限を満たす証明書の掲示が必要です。契約期間の最終日は正午で保険が切れるため、運行許可日の対象とならず、貸出できません。)
・自動車を確認するための書類
自動車検査証、登録識別情報等通知書(抹消登録証明書)、登録事項等証明書、自動車検査証、返納証明書、その他自動車の同一性を確認できる書面等
・申請者(窓口に来た方)の印(申請者が法人の場合は、代表者印(社名のみの社判及び角印は不可))
・申請者(窓口に来た方)の身分証明書(運転免許証など公的機関が発行したもの)
・手数料750円 

運行期間・経路について

運行期間は、運行の目的・経路等から判断して、必要最小限の日数(最長5日)となります。実際に車を運行する日のみを申請してください。(土日祝日を含みます。)
発地・主要経過地・到着地を明確にしてください。また、運行経路には平塚市が含まれていなければなりません。

返却期間について

許可証と仮ナンバーの返却期間は、運行許可の有効期限満了後5日以内です。運行許可の期間満了後返却期限内に速やかに返却してください。
これに違反した場合には、道路運送車両法の規定により、6月以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられることがあります。

返納

 有効期間の満了日から5日以内に「許可証」と「番号標」を平塚市役所市民税課の窓口へ返納してください。直接窓口へ返納に来られない場合は、守衛室なども御利用いただけます。担当までお問い合わせください。
 返納期限内に「許可証」と「番号標」の返納がない時は、道路運送車両法の規定により6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられることがあります。

このページについてのお問い合わせ先

市民税課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館2階
直通電話:0463-21-8766(個人市民税担当) /0463-21-8767(諸税担当(軽自動車税・法人市民税など))
ファクス番号:0463-21-8798

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?