個人市民税 平成29年度給与支払報告書の提出

平成29年度(平成28年分)給与支払報告書の変更点

社会保障・税番号制度の導入に伴い、「個人番号」や「法人番号」の項目欄が新設されました。それに伴い、用紙サイズがA6からA5に変更されました。

給与支払報告書の総括表における変更点

  • 給与支払者の法人番号又は個人番号欄 

 

給与支払報告書の個人別明細書における変更点

  • 受給者の個人番号欄
  • 控除対象配偶者及び控除対象扶養親族の個人番号欄
  • 16歳未満の扶養親族の氏名・個人番号欄
  • 住宅借入金等特別控除額の内訳欄
  • 給与支払者の法人番号又は個人番号欄

給与支払報告書の提出期限

 平成28年中に給与を支払われた方は、給与支払報告書を平成29年1月31日(火)までに、受給者の平成29年1月1日現在の住所地の市町村に提出してください。

  • 給与支払報告書の個人別明細書は、個人住民税の課税を行うための重要な書類です。正しく御記入のうえ、期限内に必ず提出してください。
  • 平成28年度より普通徴収を希望する場合は、普通徴収切替理由書の添付が必要となっています。

提出範囲

給与等の支払いをしたすべての従業員等(パート、アルバイト、法人役員等を含む)が対象です。

  • 対象者のうち、平成29年1月1日現在の在職者については、給与の支払額の多少にかかわらず、すべて提出が必要です。
  • 平成28年中の退職者についても、給与支払報告書を提出していただく必要があります。この場合にその年中の給与支払金額が30万円以下の場合は提出しないこともできますが正確な所得情報を把握するため少額であっても給与支払報告書の提出に御協力ください。
  • 青色事業専従者への給与(確定申告をしている場合も含む)に該当する場合や、源泉所得税がかからない場合であっても、提出が必要となります。
  • 平成26年1月1日以降に提出する給与支払報告書又は公的年金等支払報告書については、基準年(前々年)における給与又は公的年金等の源泉徴収票の税務署への提出枚数が1,000枚以上であるときは、eLTAX又は光ディスク等による提出が義務化されています。

提出先

給与支払報告書の提出先は、給与の支払いがあった年の翌年の1月1日現在受給者の住所地の市町村です。
  • 住所地が平塚市にある方は、下記提出先に郵送または持参してください。
  〒254-8686 平塚市浅間町9-1
            平塚市役所総務部市民税課個人市民税担当 宛
  • 住所地が平塚市以外の市町村にある方は、各々の市町村へ提出してください。
  • 年の途中で退職された方につきましては、退職時の居住地の市町村へ提出してください。

給与支払報告書の総括表

給与支払報告書を提出する際には、総括表を作成し、必ず先頭にして提出してください。なお、平塚市から12月中旬頃に総括表が送付された給与支払者は、送付された総括表(指定番号の入ったもの)を使用してください。独自の様式を使用し提出される場合であっても、送付された総括表(指定番号の入ったもの)を必ず先頭にして提出していただきますようお願いします。

給与支払報告書の個人別明細書

個人別明細書は、社会保障・税番号制度の導入に伴い、「個人番号欄」や「法人番号欄」の項目欄が追加され、用紙サイズがA6からA5に変更されました。

※印刷して使用する際には、印刷するページを現在のページに設定し、ページサイズを94%に縮小設定して印刷してください。

給与支払報告書の書き方

社会保障・税番号制度の導入に伴い、給与支払報告書の書き方が変更されました。

普通徴収切替理由書

平成28年度から普通徴収をする場合は、「普通徴収切替理由書」の提出が必要となります。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

市民税課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館7階
直通電話:0463-21-8766(個人市民税担当) /0463-21-8767(諸税担当(軽自動車税・法人市民税など))
ファクス番号:0463-21-8798

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?