税務証明を郵送で取り寄せる方法

郵送で取り寄せできる証明書

郵送で取り寄せできる証明書は、課税(所得)証明書、納税証明書、固定資産評価証明書、公租公課証明書、車検用軽自動車税納税証明書など取り扱っているもののうち、郵送で申請を受けたときに、証明書として発行できる状態になっているものに限ります。
 
下記の手順で必要な書類をそろえて、郵送してください。
なお、郵送請求用の申請書もダウンロードできますのでご活用ください。
 

手順1 必要な証明書を確認します

  • 何年度の、誰の、何の証明書が必要か?特に、「課税・所得証明書」と「納税証明書」は、混同しやすいので、ご注意ください。あらかじめ証明書の種類・内容をご確認ください。
  • 場合によっては、添付書類が必要になりますので、ご確認の上、ご用意ください。

手順2 申請書を書きます

便箋又はレポート用紙を用意して、申請書を自分で作ります。記入する項目は、下記のとおりです。

  •  申請者の現住所、氏名、印
  •  代理申請の場合、証明該当者の住所、氏名(転出している場合、平塚に居たときの住所) 
  •  希望する証明書の種類、年度、部数 
  •  土地・建物に関する証明の場合、該当する土地の地番、家屋の所在地・家屋番号
  •  証明書の使い道、提出先
  •  昼間連絡がつく電話番号

手順3 手数料分の定額小為替を用意する

  • 証明書の枚数や該当する土地・家屋の件数によって、手数料が異なりますので、確認の上、必要な手数料分の定額小為替を用意してください。
  • 定額小為替は、郵便局で購入できます。

手順4 返信用封筒を用意する

封筒には、あらかじめ切手を張り付けて返信先を書いておいてください(切手代は通常82円、急ぎの場合は速達料金込みで362円。)

手順5 最終確認


ここまでの手順に従って、書類は整いましたか?
基本の書類は、申請書と定額小為替と返信用封筒です。次の場合には、基本の書類のほかに、必要な書類を同封してください。
  • 住民票上同一の世帯でない親族や第三者の証明書を申請する場合は、委任状(法人の場合には、法人代表者印を押印した委任状)
  • 相続人が被相続人の評価証明書等を申請する場合は、被相続人の死亡及び相続人との続柄がわかる戸籍謄本(コピー可)
  • 競売申立てに関する添付書類として、該当する土地や家屋の証明書を申請する場合は、申立て書類等の写し
  • 車検用納税証明書を申請する場合、車検証の写し

 

送付先  郵便番号 254-8686(大口事業所個別番号)
平塚市役所 固定資産税課 税務証明担当

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

固定資産税課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館7階
直通電話:0463-21-8768
ファクス番号:0463-25-1562

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?