離婚届

届出期間

協議の場合


届出期間は定められていません。届出をした日から、法律上の効力が発生します。
 

調停又は裁判の場合

 

調停成立又は裁判確定の日から10日以内です。
期間を過ぎた場合、理由書の記入が必要です。
申立人又は訴えの提起者が、上記届出期間内に届出をしない場合は、相手方からも届出することができます。

届出地

  • 夫又は妻の本籍地
  • 夫又は妻の住所地

届出のできる方

協議の場合


婚姻している夫及び妻
 

調停又は裁判の場合

 

調停・審判・和解の成立、請求の認諾及び裁判離婚の場合は、申立人又は訴えの提起者
(※注意)申立人又は訴えの提起者が、上記届出期間内に届出をしない場合は、相手方からも届出することができます。

必要なもの

  1. 届出書(市役所にあります)
  2. 届出人の印鑑(朱肉を使うもの)
  3. 戸籍謄本                                                                                                                                届出先に本籍がない場合は、戸籍謄本 1部                                                                                                    平塚市内に本籍がある方が、平塚市役所に届出する場合は、戸籍謄本を添付する必要はありません。
  4. 調停調書の謄本(調停離婚の場合のみ)
  5. 審判書の謄本又は判決文の謄本と確定証明書(裁判離婚の場合のみ)
  6. 和解調書の謄本(和解離婚の場合のみ)
  7. 認諾調書の謄本(認諾離婚の場合のみ)
  8. 有効期限内の本人確認できる資料(旅券、運転免許証等)
 

【ご注意】

  • 協議離婚は、届出書に、証人(本国法上成人の方)2人の署名・押印、生年月日、住所、本籍の記入が必要です。
  • 未成年の子がいる場合は、父母のいずれかが親権者になるか決めてください。

ご注意

  • 届出後戸籍の証明発行には日数がかかります。
  • 届書の記入は、鉛筆や消えやすいインク(消えるボールペン等)で書かないでください。

平塚市役所での届出場所及び取扱時間

窓口での届出

 

〈時間〉

  • 月曜日から金曜日(祝日は除く) 午前8時30分から午後5時まで
  • 毎月第4土曜日 午前8時30分から正午まで
    (※注意)年末年始(12月29日から1月3日まで)は休庁になります。
 

〈届出場所〉

 平塚市役所 市民課 市民異動担当(平塚市庁舎本館1階 108番窓口)
  神奈川県平塚市浅間町9番1号
   (※注意)市民窓口センターや公民館では、住所変更や戸籍のお届けができません。
 

〈ご注意〉

 他市区町村や他の機関に問合せが必要な届出書で、問合せ先に確認できない場合は預かり扱いになります。確認がとれ次第、受付日にさかのぼって受理となり、届出をした日が、戸籍に記載される「届出日」になります。

守衛室での届出(夜間・休日等の届出)

 

 上記以外の時間帯の届出場所は、守衛室です。
 

〈守衛室の場所〉

  平塚市庁舎本館1階 南側
  神奈川県平塚市浅間町9番1号

〈ご注意〉

  • 守衛室では、その場で内容の審査ができませんので、預かり扱いになります。
  • 翌開庁日に担当職員が内容を確認し、不備がなければ受付日にさかのぼって受理となり、届出をした日が戸籍に記載される「届出日」になります。
  • 記載漏れ、記載誤り及び必要書類の不足があった場合、受理できないことがあるため、後日、来庁していただくことがあります。必ず、昼間、連絡の取れる電話番号を届出書に記入してください。
  • 離婚の届出のみでは、住所及び世帯は変わりません。住所及び世帯変更は、別に、開庁時に届出が必要です。
  • 国民健康保険、国民年金等の手続きが開庁時に必要な場合があります。詳しくは保険年金課(0463-21-8775)にお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ先

市民課(市民異動担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階 108番窓口
直通電話:0463-21-8772
ファクス番号:0463-25-1617

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?