避難所における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力ください

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、災害が発生した際、市内指定避難所及び指定緊急避難場所(以下、「避難所」といいます。)を開設した場合、避難所において、密集・密閉・密接(3つの密)の状況が発生する恐れや、断水による衛生環境の悪化等が懸念され、感染症拡大のリスクが高まることが考えられます。

 

このような状況の中、市ではこれらに配慮しながら必要に応じて避難所を開設しますが、地震災害や風水害により避難が必要な場合には、市民の皆様に次の点にご留意いただき、避難所での感染症拡大防止にご協力ください。

 

※変更があり次第、内容を更新します。

安全な場所への避難について

「避難」とは「難」を「避」けること、つまり安全を確保することであり、避難勧告や避難指示などの避難情報は、必ずしも避難所への移動を促すものではありません。(例:滞在している場所が浸水想定の区域に該当していない場合や、浸水想定の深さよりも高いところにいる等)
 
市が発行する各ハザードマップにより、自宅の災害リスク等をご確認いただき、避難が必要な場合、避難所での3つの密をできる限り回避するため、自宅の2階などへの避難(垂直避難)や、可能な場合には親戚や知人の家等に避難することもご検討ください。
 
また、日頃から各家庭で準備している食糧や飲料水について、量を増やすことも検討してください。更に、賞味期限や種類を確認をするとともに、食糧や飲料水をローリングストック(※1)し、いざという時に備えてください。
なお、安全な場所へ避難をする際は、準備している携行品に加え、衛生用品も持参してください。(「避難所に避難する場合の留意点について」参照)
 
参考1:市発行 各種ハザードマップ(平塚市)
参考2:避難行動判断フロー・避難情報のポイント(内閣府)
参考3:ひらつかわくわくマップ(平塚市)(※2)
参考4:備蓄品を準備しましょう(ひらつか防災ガイドブック)
 
※1 「ローリングストック」とは、日頃から自宅で利用しているものを少し多めに備え、消費した分
   を買い足していく備蓄方法です。保存食をしまい込んだまま期限が切れてしまうことを防ぎ、
   乾パンなどの食べなれない食品だけではなく、レトルト食品やカップ麺などの普段から食べ慣
   れた食品も利用する備蓄方法です。
 
※2 自治会・町内会マップ、避難所マップ、各種ハザードマップなどの市民生活に必要な情報や、道
   路台帳など平塚市が保有している地理情報を公開しています。パソコンやスマートフォンなどを
   利用して、いつでも、どこからでも手軽に地理情報を入手できます。

避難所に避難する場合の留意点について

・できる限り、避難される前に体温を測定し、ご自身の体調について確認をお願いします。その上
 で、新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合には、ご自宅での安全を確保のうえ、「帰国者・
 接触者相談センター」
にご相談いただきますようお願いいたします。
 
・避難所での受付時には、避難者の体調を確認させていただきますのでご協力ください。
 
・避難所では、マスクの着用や咳エチケット、手洗いの励行等、感染症対策にご協力をお願いしま
 す。
 
・避難スペースは、身体的な距離を確保するよう配慮します。他の避難者との接触は避けてくださ
 い。
 
・可能な範囲で、定期的に窓あるいはドアを開け、換気をします。
 
・各避難所には、感染症拡大防止のために一定の衛生用品等を備蓄しておりますが、全ての避難者の
 方に対して十分な衛生用品等を準備することはできません。避難所での感染拡大防止のため、日頃
 から準備している携行品(資料「参考4」を参照)に加えて、次の衛生用品等の持参にご協力くださ
 い。 
□マスク □消毒液 □ウェットティッシュ □ペーパータオル □タオル
 てぬぐい(マスクの代わり)
□体温計 □手袋 □スリッパ(室内履き) □歯磨きセット □ビニール袋


 

このページについてのお問い合わせ先

災害対策課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館3階
直通電話:0463-21-9734
ファクス番号:0463-21-1525

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?