3-2 障害児福祉手当

対象

日常生活において常時特別の介護を必要とする状態にある20歳未満の方
(別表の障がいが1つ以上あるか、それと同等以上の状態の方)
 

別表

  • 両目の視力の和が0.02以下のもの
  • 両耳の聴力が補聴器を用いても音声を識別することができない程度のもの
  • 両上肢の機能に著しい障がいを有するもの
  • 両上肢の全ての指を欠くもの
  • 両下肢の用を全く廃したもの
  • 両大腿を2分の1以上失ったもの
  • 体幹の機能に座っていることができない程度の障がいを有するもの
  • 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障がい又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
  • 精神の障がいであって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの ※
  • 身体の機能の障がい若しくは病状又は精神の障がいが重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの
※ 知的障害のある児童(おおむね知能指数20以下)も含まれます。 

支給制限 (次のいずれかにあてはまる方は受けられません。)

  1. 本人または扶養義務者の所得が一定以上ある(支給停止となります。)
 ※ 所得状況は申請時及び毎年7月以降、「所得状況届」を提出していただきます。
  1. 障がいを支給事由とする他の公的年金を受給している
  2. 法令で定める施設に入所している
  3. 聴覚障がいの場合は、補聴器の使用効果がある、または運転免許の適性試験に合格している

届出

 下記の場合は、届出が必要です。障がい福祉課で手続きをお願いします。
 
  • 転居、転出、死亡、施設入所、20歳を迎えた場合、振込口座の変更をする場合 
 ※ 受給資格喪失(施設入所など)に関するお届出がない場合、手当をご返還いただくことがあり
  ます。

手当の額

 月額 14,880円(手当額は改正される場合があります)

支給月

2月・5月・8月・11月の10日に前月分までの3か月分をまとめて本人の口座に振り込みます。
なお、10日が土日祝日の場合は、前倒しで振り込みます。

※ 認定の請求を行った日の属する月の翌月分から支給されます。

ご注意

本人または同一世帯親族以外の方が手続きする場合は、委任状と本人確認書類(マイナンバーカード等)が必要です。
委任状について
申請時の本人確認書類について

このページについてのお問い合わせ先

障がい福祉課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8774
ファクス番号:0463-21-1213

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?