7-4 平塚市軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成

平成29年4月1日から平塚市で軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業が始まりました。

対象

この事業の対象者は、次の各号の全てを満たす児童です。

(1)申請日において平塚市に居住する18歳未満の者
(2)平均聴力レベルが両耳とも原則として30デシベル以上であって、聴覚障がいを事由とする身体障害者手帳の交付対象にならないこと
(3)中耳炎等の急性疾患による一時的な聴力低下ではなく、耳鼻咽喉科的治療により聴力が回復する見込みがないこと
(4)補聴器の装用により、言語の習得等に一定の効果が期待できると別表に掲げる医師が判断した者であること

※ただし、対象者の属する世帯の市民税所得割額の合計が46万円以上の場合は非該当となります。また、労災等その他の法令で補聴器の購入費等の助成が受けられる場合も非該当となります。

別表

身体障害者福祉法第15条第1項に基づく指定医(聴覚障がいに係るものに限る)
障害者総合支援法第59条第1項に基づく指定を受けた指定自立支援医療機関の医師(一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会から耳鼻咽喉科専門医の認定を受けた医師に限る)

 

内容

主な助成対象品目※1 
補聴器の種類 基準額に含むもの 基準額※2
軽度・中等度難聴用ポケット型 1.補聴器本体(電池含む)
2.イヤーモールド(必要な場合は、基準額に9,000円を加算)
34,200円
軽度・中等度用耳掛け型 1.補聴器本体(電池含む)
2.イヤーモールド(必要な場合は、基準額に9,000円を加算)
43,900円
高度難聴用ポケット型 1.補聴器本体(電池含む)
2.イヤーモールド(必要な場合は、基準額に9,000円を加算)
34,200円
高度難聴用耳掛け型 1.補聴器本体(電池含む)
2.イヤーモールド(必要な場合は、基準額に9,000円を加算)
43,900円
重度難聴用ポケット型 1.補聴器本体(電池含む)
2.イヤーモールド(必要な場合は、基準額に9,000円を加算)
55,800円
重度難聴用耳掛け型 1.補聴器本体(電池含む)
2.イヤーモールド(必要な場合は、基準額に9,000円を加算)
67,300円
耳あな式(レディメイド) 1.補聴器本体(電池含む)
2.イヤーモールド(必要な場合は、基準額に9,000円を加算)
87,000円
耳あな式(オーダーメイド) 補聴器本体(電池含む) 137,000円
骨導式ポケット型 1.補聴器本体(電池含む)
2.骨導レシーバー
3.ヘッドバンド
70,100円
骨導式眼鏡型 1.補聴器本体(電池含む)
2.平面レンズ(必要な場合は基準額に1枚につき3,600円を加算)
120,000円
FM型補聴器を必要とする場合、
基準額に右のものを加算できます
1.FM型受信機
2.ワイヤレスマイク(充電池含む)
3.オーディオシュー
80,000円
98,000円
5,000円

※1 支給要件は補装具費制度に準じて取り扱い、真に必要と認められる場合に限って補助対象とします。
※2 購入等にかかる費用の額の上限は基準額の100分の106に相当する額とします。

助成額(公費負担額)

原則、基準額範囲内の購入費等の3分の2を助成します。
生活保護及び非課税世帯の場合は全額助成します。

ただし、申請に必要な医師意見書料は利用者負担となりますのでご注意ください。
 

申請に必要なもの

1.申請書
2.医師意見書(この事業で交付された補聴器の修理費用に係る申請の場合は不要です)
3.見積書
4.申請者が属する世帯全員の課税証明書(申請日の属する年度(申請日が4月から6月までの場合は前年度)の住民税が他市町村で課税されている場合に限ります)

本人または同一世帯親族以外の方が手続きする場合は、委任状と代理の方の本人確認書類(マイナンバーカード等)が必要です。
委任状について
申請時の本人確認書類について

なお、この制度を利用する場合は、購入及び修理前に申請が必要となりますのでご注意ください。
 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

障がい福祉課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8774
ファクス番号:0463-21-1213

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?