市民と取り組む自殺対策

平塚市では、自殺対策を推進するため「平塚市民のこころと命を守る条例」を制定し、
この条例のもと「こころと命のサポート事業」として様々な側面から取組を進めています。
命の大切さ、尊さについての普及啓発は、その中でも重要な取組の一つです。

一例として、大野中学校と浜岳中学校の生徒の皆さんに啓発ポスターを描いてもらっています。
また、浜岳中学校区子ども読書活動推進協議会の皆さんと協働事業として、本を通じた啓発活動等を行っています。

自殺対策啓発ポスターの展示

命の大切さや人と人との絆をテーマに大野中学校と浜岳中学校の皆さんに描いてもらった自殺対策啓発ポスターを展示しました。

期間:令和元年8月下旬から令和2年3月まで
場所:JR平塚駅前地下道広告板。
 
  • 自殺予防啓発ポスターの写真1
  • 自殺予防啓発ポスターの写真2

いのちの尊さを伝える本

浜岳中学校区の地域を中心に、本にかかわる活動をされている皆さんへのアンケートをもとに、命の大切さや人と人との絆、こころのことなどをテーマに作成したリストです。ぜひご覧ください。

いのちの尊さをつたえる本vol.1(PDF169KB)


いのちの尊さをつたえる本(PDF309KB)


いのちの尊さをつたえる本vol.4「朝から元気になる本」は、平塚市図書館のホームページの「図書館刊行物」からご覧いただけます。
 

8月のおすすめ本

〇「みえるとかみえないとか」
さく/ヨシタケ シンスケ そうだん/伊藤 亜紗 アリス館

おすすめコメント:
人気作家ヨシタケシンスケが伊藤亜紗に相談しながらつくった、違いを考える絵本です。
違いを不安に感じるかもしれないけど、認めあえばとても素敵な発見がありそうです。

(平塚市の図書館にあります。中央図書館、西図書館、南図書館)
 

 〇「へいわってどんなこと?」
作/浜田 桂子 童心社

おすすめコメント:
日本・中国・韓国の絵本作家が話し合ってつくりあげた、平和絵本シリーズの第1弾です。
難しい言葉はひとつも出てきませんが、平和とはどんなことか、せつせつと胸に迫ります。

(平塚市の図書館にあります。中央図書館、北図書館、西図書館、南図書館、あおぞら号)

今年おすすめした本のバックナンバー(PDF452KB)

このページに関連する情報

このページについてのお問い合わせ先

福祉総務課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-9862(福祉総務担当) /0463-21-9848(地域福祉担当) /0463-21-8779(福祉総合相談担当)
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?