平塚市のPPP/PFI

最終更新日 : 2018年1月19日

PPP/PFIとは

PPP(Public Private Partnership)

 公共施設等の設計、建設、維持管理、運営等を行政と民間が連携して行うことにより、民間の創意工夫等を活用し、財政資金の効率的使用や行政の効率化を図るものであり、PFIはその一類型です。
PPPの中には、PFIの他、指定管理者制度、公設民営(DBO)方式、さらに包括的民間委託、自治体業務のアウトソーシング等も含まれます。

PFI(Private Finance Initiative)

 平成11年7月に制定された「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(PFI法)に基づき実施するものです。公共施設等の社会資本の整備をする際に官民の適切な役割分担を行い、設計、建設、維持管理及び運営に民間の資金や経営能力、技術的能力を活用することで、良質で低廉な公共サービスの提供を実現する官民のパートナーシップの構築を前提とした事業手法です。
  • PPP手法の概要

平塚市PPP/PFI優先的検討ガイドライン

 極めて厳しい財政状況の中で、効率的かつ効果的な行財政運営を進めるとともに、地域経済を活性化していくためには、公共施設等の整備等に民間の資金やノウハウを活用していくことが重要であり、多様なPPP/PFI手法を導入することが必要です。
 平塚市ではこれまで、指定管理者制度や民間委託など民間活力の導入に取り組んできたところですが、今後、さらに民間事業者の資金やノウハウを活用し、市民に対する行政サービスの向上と効率的な行財政運営を推進するため、平塚市PPP/PFI優先的検討ガイドラインを定め、自ら公共施設等の整備等を行う従来型手法に優先してPPP/PFI手法の検討を行います。
平塚市PPP/PFI優先的検討ガイドライン(1,334KB)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

資産経営課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
直通電話:0463-21-8763
ファクス番号:0463-23-9467

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?