1市2町ごみ処理広域化推進会議

現在地 ホーム > 平塚・大磯・二宮ブロックごみ処理広域化実施計画

平塚・大磯・二宮ブロックごみ処理広域化実施計画について

 

平塚市、大磯町、二宮町の1市2町では、平塚・大磯・二宮ブロックでのごみ処理広域化を目指して、廃棄物処理の現状と課題を抽出し、平塚・大磯・二宮ブロックにおける広域処理施設の整備計画や廃棄物処理事業を共同で取り組むための「ごみ処理広域化実施計画」を策定し、各種の施策を展開しております。

「ごみ処理広域化実施計画」は、平成16年度に作成した「湘南西ブロックごみ処理広域化実現可能性調査」の結果を踏まえてされたものであり、平成19年度に策定した当初は、平塚・大磯ブロックでの取り組みを定めた計画となっておりました。その後、1市2町による「一般廃棄物処理に係る事務事業の広域化に関する覚書」が平成22年3月30日に締結されたことを受け、「平塚・大磯ブロックごみ処理広域化実施計画」を踏まえた「平塚・大磯・二宮ブロックごみ処理広域化実施計画」を平成23年度に策定し、平成24年度から推進してまいりました。

各種の施策を展開する中で、厨芥類資源化施設の整備取止めやリサイクルセンターの整備主体の変更、剪定枝資源化施設の施設規模等、ブロックにおける広域処理システム並びに施設整備計画に変更が生じたことから、「平塚・大磯・二宮ブロックごみ処理広域化実施計画」の一部を見直すこととしました。

計画の見直しにあたっては、平成26年10月に「改訂平塚・大磯・二宮ブロックごみ処理広域化実施計画(素案)」を公表してパブリックコメントを実施し、お寄せいただいた御意見等を踏まえた「改訂 平塚・大磯・二宮ブロックごみ処理広域化実施計画」を新たに策定し、平成27年3月に公表しました。


このページをご覧の1市2町の皆様へ
掲載内容の中で分からない用語がございましたら、用語解説ページを御覧ください。 用語解説ページへ