下水道を正しく使いましょう

下水道を使用するときの注意事項

台所では

 台所から野菜のクズ、食用油、割りばし、ビニール袋などを流すと下水管が詰まったり、悪臭の原因となりますので流さないよう心がけましょう。また、食用油の処理は、ペットボトルなどの容器に入れ資源ゴミに出してください。

飲食店では

 阻集器の定期的な清掃を行ってください。清掃を行わないと阻集器の機能を果たさなくなり、結果的に本管や取付管の詰まりを発生させます。また、温度の高い油は、阻集器を通過しやすいので本管に流れ込んだ後、温度の低下に伴い固まるという現象を起こします。

トイレでは

 紙オムツや生理用品など水に溶けないものは、詰まりの原因になりますので流さないようにしましょう。

雨水と汚水

 雨水と汚水は一緒に流すことはできません。雨水を汚水ますに流すと、大雨のときなど汚水があふれてしまうおそれがあります。正しく使用しましょう。また、雨水ますがゴミや落ち葉などで詰まってしまわないよう、いつもきれいにしておきましょう。

マンホールポンプでは

 布類・木片・ビニール袋が流れ込んでポンプ吸込みの障害になっているケースが多く見られます。

このページについてのお問い合わせ先

下水道経営課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-8785(排水設備担当・総務担当) /0463-21-8786(公営企業担当)
ファクス番号:0463-21-9605

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?