国民健康保険税を滞納した場合

納付の相談

 特別な事情により保険税の納付が困難な方に対しては、納付相談を行っております。保険年金課保険税担当(平塚市役所本館1階112番窓口)までお問い合わせください。
 保険税を滞納し続けると、納付計画も大きい金額になりますので、お早めにご相談ください。

 なお、メールでのご相談等は受付けていませんので、ご了承ください。

納期限を過ぎた場合

  • 督促状を送付します 

 納期限までに保険税を納付されない場合は、督促状を送付します。納期限を過ぎてから納付された場合は、督促状が行き違いとなる場合がありますので、ご了承ください。

  • 文書や電話などで催告します

 なおも納付されないときは、催告書や電話催告、あるいは職員や徴収嘱託員が徴収に訪問する場合があります。

  • 延滞金がかかります

 納期を過ぎると、納期内に納税した方との公平のためにも、納期限の翌日から納める日までの期間の日数に応じ、延滞金がかかります。  
 計算方法等については、 延滞金の計算方法をご覧ください。

  • 徴収嘱託員が訪問します 

 納期限までに納付されないときは、徴収嘱託員が徴収に訪問する場合があります。都合の良い日時に合わせて訪問することもできますので、保険年金課保険税担当(平塚市役所本館1階112番窓口)までお問い合わせください。

短期被保険者証・資格証明書の交付

  • 短期被保険者証の交付 
 保険税を滞納すると、通常の保険証より有効期限の短い「短期被保険者証」が交付されます。有効期限が切れる前に、保険年金課保険税担当(平塚市役所本館1階112番窓口)にて納付相談・更新の手続きが必要になります。有効期限が切れると、医療費は全額自己負担となります。

  • 資格証明書の交付 

 短期被保険者証の交付を受けた後、特別な事情なく滞納を続けると、短期被保険者証のかわりに「資格証明書(医療費は全額自己負担)」が交付されます。一度資格証明書が交付されると、特別な事情がある場合を除き、滞納額を完納するか著しく減少しない限り、被保険者証は交付できません。 

 なお、資格証明書が交付されても保険税納付義務は継続します。

滞納処分

 保険税を滞納している方のうち、納付相談のない方や納付約束を守らない方などに対しては、財産調査を行い、場合によっては法律に基づきやむを得ず財産(不動産・預金・給与など)を差押え、取立てや公売などを行い、未納税額に充てさせていただく場合がありますので、納期限内の納付をお願いします。  

現在の窓口混雑情報、混雑予想カレンダーの確認ができます

このページについてのお問い合わせ先

保険年金課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8776(資格給付担当) /0463-21-8775(保険税担当) /0463-21-8777(国民年金担当) /0463-21-9768(後期高齢者医療担当)
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?