普段は市内小学生と実施している「対話による美術鑑賞」を、期間限定で一般来館者を対象に実施いたします。
話すことが苦手でも大丈夫。対話による美術鑑賞専属のボランティア「ひらビあーつま~れ」のメンバーが、鑑賞をサポート
いたします。


≪対話による美術鑑賞とは…?≫
1980年代にニューヨーク近代美術館で開発された鑑賞方法です。
専属のボランティアのナビゲートの元、少人数のグループで、絵を見て、思ったこと、感じたことを言葉にし、他の人の言葉を聞きまた思いを巡らせます。
これを繰り返すことで、「思考力」「聞く力」「コミュニケーション能力」「言語活動」を育みます。
 

絵を見て発見!夏のおしゃべり美術館【対話による美術鑑賞】ご案内(PDF形式:321KB)

開催日時

7月25日~8月22日の間、毎週火曜日に実施。(7/25、8/1、8/8、8/15、8/22)

11時~12時(※10時50分受付開始)
 

開催場所

展示室2:山の絵~夏の所蔵品展~

講師

ひらビあーつま~れ(対話による美術鑑賞専属ボランティア)

対象、定員

3才~一般

参加費

無料(高校生以上用観覧券)

お申し込み期間

2017年7月25日~8月22日

当日受付
 

お申し込み方法

当日受付
11時までに展示室2「山の絵~夏の所蔵品展~」前にお越しください。
Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、アドビシステムズ株式会社のサイトから最新版が無償で入手できます。

Adobe Reader ダウンロードページ別ウィンドウで開く