平塚市洪水ハザードマップ

最終更新日 : 2019年3月15日

  近年、想定を上回る豪雨が多数発生していることから、平成27年度に水防法が改正され、相模川水系、金目川水系の河川管理者である国および神奈川県が想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域図を公表しました。これに伴い、市では、市民の皆さまに洪水への日頃の備えとして活用していただくため、平成21年に作成した「平塚市洪水ハザードマップ」を改訂しました。

平塚市洪水ハザードマップの改訂に伴う説明会を開催します。

改訂した洪水ハザードマップを基に、洪水から身を守るにあたって必要となる基本的な事項やハザードマップの活用方法、水害リスクの把握等の説明と、自ら避難行動をとるためのマイ・タイムラインの作成を実施します。
ぜひ、ご参加ください。

日時
第1回 4月13日(土)午前10時~午後0時
第2回 4月13日(土)午後3時~午後5時
第3回 4月14日(日)午前10時~午後0時
第4回 4月14日(日)午後3時~午後5時
 
場所
第1回 岡崎公民館 2階集会室(平塚市岡崎3634)
第2回 金目公民館 2階集会室(平塚市南金目966)
第3回 金田公民館 2階集会室(平塚市入野108-1)
第4回 旭南公民館 1階大ホール(平塚市山下1096-1)
 
対象
市内在住・在勤・在学の方
 
来場方法
徒歩、自転車、又は公共交通機関を利用しご来場ください。

持ち物
ノート、筆記用具、洪水ハザードマップ
 

平塚市洪水ハザードマップの概要

形態 B1判両面4色カラー印刷(折り加工を施し、B5サイズ)
縮尺 相模川水系版:10,000分の1
金目川水系版:15,000分の1
              内容と特徴  想定最大規模の降雨によって相模川水系、金目川水系の河川が氾濫した場合に想定される浸水の区域と深さを掲載。また、洪水氾濫流や河岸浸食により家屋が倒壊・流出する可能性のある家屋倒壊等氾濫想定区域や、洪水時に避難が困難となる一定の浸水深を上回る時間の目安を示す浸水継続時間を新たに掲載。
 これまで河川を横断して避難しなければならなかった地域については、横断せずに避難できるよう避難場所の見直しを行い、河川の右岸側の地域、左岸側の地域それぞれの指定緊急避難場所を指定し掲載。
 さらに、自分自身に合った避難のタイミングや行動を検討していただくため、自宅の水害リスクの記入欄と、災害時に自分自身がとる防災行動を時系列的に整理できるマイ・タイムラインの記入欄等も掲載。
配架場所                                              災害対策課窓口、公民館、市政情報コーナー

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

災害対策課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館3階
直通電話:0463-21-9734
ファクス番号:0463-21-1525

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?