10 障害者総合支援法

 平成25年4月1日、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(障害者総合支援法)が施行されました。
 この法律は共生社会の実現に向けて、障害福祉サービスの充実等障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するため、「障害者自立支援法」を改正したものです。

 

改正のポイント

 障害者総合支援法では、主に次の点で障害者自立支援法が改正されます。
  1. 障害者の範囲に難病等を追加(平成25年4月から) 

     ※対象となる疾病は国が定める130疾病です。
       130疾病の詳細は公益財団法人難病医学研究財団 難病情報センター(外部リンク)をご覧ください。

  1. 障害支援区分の創設(平成26年4月から)
  2. 重度訪問介護の対象拡大(平成26年4月から)
  3. 共同生活介護(ケアホーム)の共同生活援助(グループホーム)への一元化(平成26年4月から)
  4. 地域移行支援の対象拡大(平成26年4月から)
  5. 地域生活支援事業の追加(平成25年4月から)
  6. サービス基盤の計画的整備(平成25年4月から)
     

提供するサービスの内容

障害福祉サービス

ホームヘルプサービスや施設入所支援などを提供するサービスです。

自立支援医療

心身の障がいの状態の状態の軽減を図り、自立した日常生活又は社会生活を営むなめに必要な医療の提供を行います。

地域生活支援事業

移動支援事業、日常生活用具給付事業、意思疎通支援事業、相談支援事業などのサービスを提供します。

補装具

身体の機能を補完し、又は、代替し、かつ、長期間にわたり継続して使用される義肢、装具、車いすなどの給付を行ないます。

このページについてのお問い合わせ先

障がい福祉課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8774

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?