湘南西部障害保健福祉圏域障害者差別解消支援地域協議会について

5市町連携で障害者差別解消支援地域協議会を設置

 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が平成28年4月1日に施行されることに伴い、同法に基づく「湘南西部障害保健福祉圏域障害者差別解消支援地域協議会」を創設しました。
  この協議会は、平成27年7月、全国に先駆けて広域で「障害者差別解消支援地域協議会湘南西部圏域モデル協議会」を立ち上げ、内閣府のモデル事業に選定されたことを受けて、この組織を引き継ぐ形で本設置へ移行し、障がいを理由とする差別に関する相談体制づくりや差別の実態把握の取り組みを進めています。

※なお、障害の「害」の字についてですが、ここでは法令等に関するものや固有名詞、他の文書や法令等を引用する場合を除き、ひらがなで標記しています。

連携のメリット

    障害者差別解消支援地域協議会を広域設置することにより、障がい者差別の解消に関する共通的な事項を共同で取り組むことが可能となります。各市町が単独で取り組みを進めるよりも事務の効率化が図られ、スケールメリットを発揮することができます。

構成市町

湘南西部障害保健福祉圏域の中の平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町(3市2町)
※湘南西部障害保健福祉圏域とは、神奈川県が、保健・医療・福祉における広域的な連携のため、二次保健医療圏を基本として設定した、8つの区域のうちの1つです。

構成機関

 市町(障がい福祉担当課)、障がい福祉サービス提供事業者、公共職業安定所、障がい者就業・生活支援センター、特別支援学校、障がい当事者団体、社会福祉協議会、児童相談所、保健福祉事務所、各市町自立支援協議会などで構成されます。

所管事項

1.関係機関等が対応した相談事例の共有
2.障がい者差別に関する相談体制の整備
3.障がい者差別の解消に資する取組(好事例等)の共有・分析
4.障がい者差別と思われる事案にかかる紛争の防止、解決の後押し
5.障がい者差別の解消に資する取組の周知・発信や障害特性の理解のための研修・啓発
 

5市町の差別解消に関する取組み

【平塚市】(今までの取り組み)
【秦野市】(外部リンク)
【伊勢原市】(外部リンク)
【大磯町】(外部リンク)
【二宮町】(外部リンク)

〇関連ホームページ
【内閣府】(外部リンク)
【神奈川県】
神奈川県障害者差別解消支援地域協議会(外部リンク)
「神奈川県における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領」について(外部リンク)
「ともに生きる社会かながわをめざして 障がいのある方への差別解消に関する事例集」(外部リンク)

リーフレットを作成しました

これまでの取り組みを通じて、合理的配慮の提供がなされた好事例をリーフレットにまとめました。
この事例集が皆様の参考になれば幸いです。是非、御活用ください。

「知っていますか 障害者差別解消法(合理的配慮の好事例集)」
【PDF版】
リーフレット(345KB)
【テキスト版】
リーフレット(5KB)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

障がい福祉課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8774
ファクス番号:0463-21-1213

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?