ひらつか海岸エリア魅力アップチャレンジ

 平塚市は「選ばれるまち、住み続けるまち」を目指し、市民に愛されるまちづくり、多くの人に訪れてもらえるまちづくりを進めています。湘南海岸に面して開けた平塚市。その海岸沿いには洗練された美しい街並みや公園があり、海辺の暮らしの魅力が集約された地域となっています。
 そのような魅力に磨きをかけ、広く分かりやすく発信していくため、平塚市では平成28年5月、海岸地域のまちづくりの方向性を「ひらつか海岸エリア魅力アップチャレンジ」としてまとめました。
 湘南海岸公園をはじめ、龍城ヶ丘プールの跡地やビーチパーク、平塚新港、なぎさプロムナードの五つのゾーンで、それぞれのコンセプトによる魅力アップを図り、安心・安全で楽しみいっぱいの、誰もが「訪れたい、暮らしたい」と思うようなまちづくりを進めていきます。

関係資料

湘南海岸公園

  • 湘南海岸公園
コンセプト
ビーチが間近の都会のオアシス

方向性
  • カフェや公園広場でゆっくりと湘南の雰囲気を楽しむことができる場づくり
  • ビーチパークとの一体感の創出を目指す
令和元年度の取組方針と進捗状況
取組方針 進捗状況(前期) 進捗状況(後期)
カフェ、売店の設置に向けた検討を行います。 龍城ケ丘の公園整備を優先的に進めており、その状況を踏まえながら検討を行います。 このたび龍城ケ丘ゾーンの公園整備で公募の結果、事業者及び基本となる公園プランが決定しました。この公園整備がまとまってから検討していきます。
駐車場の拡充、トイレの再整備の検討を行います。 龍城ケ丘の公園整備を優先的に進めており、その状況を踏まえながら検討を行います。 このたび龍城ケ丘ゾーンの公園整備で公募の結果、事業者及び基本となる公園プランが決定しました。この公園整備がまとまってから検討していきます。
SunSunマルシェの継続開催に向け、イベント会場及び臨時駐車場に係る公園使用について、手続き面での協力を行います。 SunSunマルシェの継続開催に向け、イベント会場及び臨時駐車場に係る公園使用について、手続き面での協力を行いました。 SunSunマルシェの継続開催に向け、イベント会場及び臨時駐車場に係る公園使用について、手続き面での協力を行いました。
利用期間や利用者が減少し、施設が老朽化するなかで、プールの利用者の安心・安全を第一に考え、運営管理を行います。 7月20日から8月15日までの27日間プールを開催し、7,273人の利用がありました。 来年度の開催に向けて、直営による修繕や予算要望を行いました。

これまでの主な取組
令和元年度
  • プール利用者の安心・安全を第一に考えて維持管理を行い、7,273人に利用されました。
  • 手続き面で協力し、SunSunマルシェが継続的に開催されました。

平成30年度
  • プール利用者の安心・安全を第一に考えて維持管理を行い、7,278人に利用されました。
  • 手続き面で協力し、SunSunマルシェが継続的に開催されました。
平成29年度
  • プール利用者の安心・安全を第一に考えて維持管理を行い、5,427人に利用されました。
  • 手続き面で協力し、SunSunマルシェが継続的に開催されました。
平成28年度
  • プール利用者の安心・安全を第一に考えて維持管理を行い、8,459人に利用されました。
  • 手続き面で協力し、SunSunマルシェが継続的に開催されました。
関連ページ

龍城ケ丘プール跡地

  • 龍城ケ丘プール跡地 現在の龍城ケ丘プール跡地
コンセプト
「海」の絶景を楽しむ魅力ある立ち寄りゾーン

方向性
  • 134号利用者等が立ち寄って、海の眺望やカフェを楽しむ場づくり
  • 観光やイベントの情報発信をして、回遊性を持たせる
  • 津波避難機能も持った安心・安全のスポットとする
  • ビーチパークとの一体感の創出を目指す
令和元年度の取組方針と進捗状況
取組方針 進捗状況(前期) 進捗状況(後期)
海岸管理者の神奈川県と当該地の占用を受けるにあたっての安全面や飛砂防備面の条件などについて調整を行い、公募の準備を進めます。 海岸管理者の神奈川県と当該地の占用を受けるにあたっての安全面や飛砂防備面の条件などについて調整を行い、要求水準書としてまとめ事業者募集に向けた公募を開始しました。 公募の結果、事業者及び基本となる公園プランが決定しました。
今後、設計の詳細を協議します。
測量以外で、必要な調査を随時実施します。 測量等の基礎調査は完了しました。 測量等の基礎調査は完了しました。
地元との意見交換を踏まえ、駐車場やトイレなど特定公園施設に求める要求水準を検討し、公募の準備を進めます。 地元との意見交換を踏まえ、駐車場やトイレなど特定公園施設の条件などについて調整を行い、要求水準書としてまとめ事業者募集に向けた公募を開始しました。 公募の結果、事業者及び基本となる公園プランが決定しました。
今後、設計の詳細を協議します。
地元との意見交換を踏まえ、津波避難機能(ソフト、ハード)及び情報発信機能の要求水準を検討し、公募の準備を進めます。 地元との意見交換を踏まえ、津波避難機能(ソフト、ハード)及び情報発信機能の条件などについて調整を行い、要求水準書としてまとめ事業者募集に向けた公募を開始しました。 公募の結果、事業者及び基本となる公園プランが決定しました。
今後、設計の詳細を協議します。
ビーチパークをつなぐボードウォークについて、整備手法の情報収集を行います。 龍城ケ丘とビーチパークをつなぐ手法について研究を進めつつ、公募要項において事業者から提案をさせるよう記載し、事業者募集に向けた公募を開始しました。 公募の結果、事業者及び基本となる公園プランが決定しました。
今後、設計の詳細を協議します。

これまでの主な取組
令和元年度
  • 公募の結果、事業者及び基本となる公園プランが決定しました。

平成30年度
  • 海岸管理者の神奈川県と当該地の占用を受けるにあたっての安全面や飛砂防備面の条件などについて調整を行い、公募の準備を進めました。
  • 駐車場やトイレなど特定公園施設に求める要求水準を検討し、公募の準備を進めました。
  • 津波避難機能(ソフト、ハード)及び情報発信機能の要求水準を検討し、公募の準備を進めました。
平成29年度
  • 民間事業者のアイデアと資金を活用する「Park-PFI制度」により、公園整備を行うことを決定しました。
  • 民間事業者の公募条件の策定に向け、各種検討を行いました。
平成28年度
  • 龍城ケ丘プール跡地での公園整備に向け、安全対策や建築物等の整備手法について情報収集を行いました。
  • 公園整備予定地の測量を実施しました。

関連ページ

ビーチパーク

  • ビーチパーク ビーチスポーツを楽しむ若者
コンセプト
「湘南の海」の魅力を一年中楽しめるビーチスポーツゾーン

方向性
  • 海水浴だけでなく、ビーチスポーツや軽食を楽しむ場所
  • 新港、龍城ケ丘プール跡地との一体感の創出を目指す
  • 夏季だけでなく、イベントの工夫等で通年の誘客を目指す
令和元年度の取組方針と進捗状況
取組方針 進捗状況(前期) 進捗状況(後期)
BBQ場の設置可否について検討します。 ビーチパーク利用者アンケートをもとに、今後の方針について検討しました。 平成28年度に指定管理者の自主事業として試験的に実施したBBQの報告、及びビーチパーク利用者アンケートの結果を踏まえし、必ずしもビーチパーク内にBBQ場を設置する必要性はないと判断しました。
看板設置の予算化に取り組みます。 看板設置の予算を要求しました。 看板設置以外、その他媒体へのPRを検討しました。
津波避難施設の着工に向けて準備を進めます。 市議会6月定例会において、工事費の補正予算の承認を受けました。その後、建築確認等の行政機関協議を進め、並行して入札準備をしました。 市議会12月定例会において、工事請負契約の承認を受け、令和2年1月に着工しました。
売店の営業時間を拡充します。 夏季繁忙期に営業時間を延長しました。 指定管理者及び売店運営者と協議し、売店運営時間について協議を行いました。
年間を通じたイベントの開催に向けて、指定管理業務の進捗を確認し、必要に応じて指定管理者と協議を行います。 指定管理業務の進捗を確認し、必要に応じて指定管理者と協議を行いました。 ビーチスポーツを体験できるイベントや、ビーチクリーンイベント等が開催されました。
また、次年度に予定しているイベントの開催について協議を行いました。

これまでの主な取組
令和元年度
  • 津波避難施設の設置に向け、令和2年1月に着工しました。
  • 新たにビーチスポーツを体験できるイベントや、ビーチクリーンイベント等が開催されました。

平成30年度
  • 看板設置、公園案内図の多言語化等を検討しました。
  • 津波避難施設の実施設計を行い、詳細な構造計算や図面作成が完了し、平成31年度の着工に向けて準備を進めました。
平成29年度
  • 津波避難施設の規模や設置場所の検討を行いました。
  • 売店の営業時間の見直し等を行いました。
平成28年度
  • 指定管理者の自主事業としてBBQを行い、課題が明らかになりました。
  • 津波避難施設の設置検討に向け、ビーチパークの測量図の作成と地盤調査を委託発注しました。
  • ホームページを見直し、売店の周知を行いました。
関連ページ

漁港周辺

  • 漁港周辺 「ひらつか匠の店」体験ツアーの様子
コンセプト
楽しい、美味しい 港町

方向性
  • 「魚」を味わう、買う、漁業を体感する
  • 食事・買い物をする
  • 港町の雰囲気を感じさせる
  • 新産業(波力発電関連分野)を創出する
令和元年度の取組方針と進捗状況
取組方針 進捗状況(前期) 進捗状況(後期)
新たな直売所等の支援及び設置の検討を行います。 新たな6次産業化施設の設置に向け、設置場所や課題対応等の検討を行いました。 新たな6次産業化施設の設置に向け、漁協と設置場所や補助金等の活用について検討しました。
新港背後地における多目的広場等の施設整備を行います。 新港背後地における多目的広場、トイレの施設整備を行っています。 新港背後地における多目的広場、トイレの施設整備を行いました。
道路整備について、土地所有者である国、土地管理者である神奈川県及び交通管理者の神奈川県警と協議を行います。引き続き関係法令や課題の整理を行います。 現状の取り組みについて、関係機関と調整を行うとともに、課題の解決に向け、取り組みの方向性の整理のための協議を行いました。 関係機関との調整を進めるとともに、引き続き課題の解決に向けた取り組みの方向性の整理及び協議を行いました。
環境省の「平成30年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択されたため、平成31年度中の実機設置に向けた準備と、多くの人に波力発電所をみてもらための企画を行います。 令和元年度中の平塚波力発電所設置に向け、地元や漁業協同組合との調整を行いました。平塚新港の利用に関する調整も行い、順調に進んでいます。 東京大学生産技術研究所林研究室が平塚波力発電所を設置し、経済産業省の使用前検査に合格しました。これにより、系統接続した発電所として認められました。様々な調整を行い、効率の良い発電方法を開発しています。
漁業体験イベント等による賑わいを創出します。 「ひらつかタマ三郎漁港まつり」と称し、相模湾周遊ツアーや漁港でのライブを行うなど賑わいの創出に向けたイベントを行いました。 「ひらつかタマ三郎漁港まつり」と称し、相模湾周遊ツアーや漁港でのライブを行うなど賑わいの創出に向けたイベントを行いました。
「ひらつか匠の店」を軸にした商店と観光スポットを巡るツアーの実施により、海岸エリアの魅力を発信します。 「ひらつか匠の店」体験ツアーの実施に向け、検討を行いました。 須賀地区の「ひらつか匠の店」3店と観光スポットを巡る体験ツアーを実施しました
平塚救難所を主体とした海上安全体制を充実します。 水難救護法に基づいた平塚救難所を主体に、海上保安庁や消防海岸出張所、平塚警察署等と連携し水上安全パトロールの参加団体を増やすなど安全体制の充実を図りました。 水難救護法に基づいた平塚救難所を主体に、海上保安庁や消防海岸出張所、平塚警察署等と連携し水上安全パトロールの参加団体を増やすなど安全体制の充実を図りました。

これまでの主な取組
令和元年度
  • 新港背後地における多目的広場、トイレの施設整備を行いました。
  • 東京大学生産技術研究所林研究室が平塚波力発電所を設置し、経済産業省の使用前検査に合格しました。これにより、系統接続した発電所として認められました。様々な調整を行い、効率の良い発電方法を開発しています。
  • 「ひらつかタマ三郎漁港まつり」と称し、相模湾周遊ツアーや漁港でのライブを行うなど賑わいの創出に向けたイベントを行いました。
  • 須賀地区の「ひらつか匠の店」3店と観光スポットを巡る体験ツアーを実施しました。

平成30年度
  • 新たな6次産業化施設の設置に向け、設置場所等の検討を関係機関と行いました。
  • 新港背後地における多目的広場等の施設検討について、平塚市地域水産業再生委員会とも協議を行い施設設計を行いました。
  • 神奈川県等との連携により「Feel SHONAN」事業として、新たにビーチセンターでの漁業PRなど、賑わいの創出に向けたイベントを行いました。
  • 須賀地区の「ひらつか匠の店」4店と観光スポットを巡る体験ツアーを実施しました。
  • 水難救護法に基づいた平塚救難所を主体に、海上保安庁や消防海岸出張所、平塚警察署等と連携し水上安全パトロールの参加団体を増やすなど安全体制の充実を図りました。
平成29年度
  • 漁業関係者による新たな飲食店や、6次産業関連事業者による水産加工販売施設の店舗が開業しました。
  • 新港背後地での多目的広場等の整備に向け、国や県と協議を行いました。
  • 平塚海洋エネルギー研究会の活動を2部会に分けて実施したほか、市内企業と東京大学が共同特許の申請を行いました。
  • 神奈川県等との連携により、「ひらつかタマ三郎漁港まつり」を夏と秋に開催するとともに、新たな取組としてビーチスポーツ等との連携を図りました。
  • 須賀地区の「ひらつか匠の店」4店舗を巡る体験ツアーを実施しました。
平成28年度
  • 直売所等の設置検討や多目的広場等の整備を盛り込んだ「浜の活力再生プラン」を平成29年3月に策定しました。
  • 平塚海洋エネルギー研究会を設立し、波力発電実証実験の実行可能性調査や、波力発電の技術開発及び人材育成等を目的とした研究会を実施しました。
  • 神奈川県等との連携により、「ひらつかタマ三郎漁港まつり」を開催し、船釣りや地引網の他に漁港でのライブ等のイベントを実施しました。
  • 漁港での釣り体験や、「ひらつか匠の店」を巡る「須賀地区にぎわい体験ツアー」を実施しました。
関連ページ

なぎさプロムナード

  • なぎさプロムナード 海岸まで続くなぎさプロムナード
コンセプト
潮風感じる海へのさんぽ道

方向性
  • 湘南らしい雰囲気(お洒落な店舗が立地するアーバンな空間、空が大きく広がる開放的な空間、松並木と街並みが調和した空間)を楽しめる場所  →プロムナードを歩く人に、湘南の雰囲気を感じてもらう
  • 海への通過点だけでなく、目的地となるような魅力づくりや魅力の発信も目指す
令和元年度の取組方針と進捗状況
取組方針 進捗状況(前期) 進捗状況(後期)
公共サインの設置について、関係課とワーキング等を開催し、設置場所や掲載内容など、平塚駅南口及びなぎさプロムナード周辺の整備内容を決定します。 龍城ケ丘ゾーンの供用開始が令和4年度になったことに合わせ、公共サインの整備予定時期も令和4年度に延期しました。 龍城ケ丘ゾーンの供用開始が令和4年度になったことに合わせ、公共サインの整備予定時期も令和4年度に延期することにいたしました。
公共空間の質の向上やまちの魅力を高める景観形成を誘導するため、建築物や工作物等に対して、景観ガイドラインや公共施設景観ガイドラインに基づき指導・助言を行います。 公共空間の質の向上やまちの魅力を高める景観形成を誘導するため、建築物や工作物等に対して、景観ガイドラインや公共施設景観ガイドラインに基づき指導・助言を行いました。 公共空間の質の向上やまちの魅力を高める景観形成を誘導するため、建築物や工作物等に対して、景観ガイドラインや公共施設景観ガイドラインに基づき指導・助言を行いました。
歩いて楽しい空間づくり(イベント)について、市民や団体等から開催希望があった場合に、ノウハウの提供や道路占用許可等の手続面での協力を行います。 市民や団体等からのなぎさプロムナード歩道上でのイベント開催希望はありませんでした。 市民や団体等からのなぎさプロムナード歩道上でのイベント開催希望はありませんでした。
小冊子「海からはじまる ひらつか旅」の配布などを活用し来街者への平塚のイメージアップを図るとともに、海岸エリアの集客力を高め、出店を誘引します。 海岸エリアの集客力を高めるため、小冊子「海からはじまる ひらつか旅」など海岸エリアのマップを配布しました。 海岸エリアの集客力を高めるため、小冊子「海からはじまる ひらつか旅」など海岸エリアのマップを配布しました。

これまでの主な取組
令和元年度
  • 公共空間の質の向上やまちの魅力を高める景観形成を誘導するため、建築物や工作物等に対して、景観ガイドラインや公共施設景観ガイドラインに基づき指導・助言を行いました。
  • 海岸エリアの集客力を高めるため、小冊子「海からはじまる ひらつか旅」など海岸エリアのマップを配布しました。

平成30年度
  • 公共サインの設置について、景観審議会等からの意見を踏まえ、関係課と協議を行い整備に向けた検討を行いました。
  • 公共空間の質の向上やまちの魅力を高める景観形成を誘導するため、建築物や工作物等に対して、景観ガイドラインや公共施設景観ガイドラインに基づき指導・助言を行いました。
  • 海岸エリアの集客力を高めるため、小冊子「海からはじまる ひらつか旅」など海岸エリアのマップを配布しました。
平成29年度
  • 平塚駅周辺で公共サイン未整備のエリアにて整備事業案を作成しました。
  • なぎさプロムナードの歩道を会場に、市も一員となった実行委員会形式でマルシェイベントを開催しました。
  • 小冊子「海からはじまる ひらつか旅」を32,000部作成しました。
平成28年度
  • 公共サインの基本方針を定めるガイドラインの改定を行いました。
  • 歩道上でのイベントの開催に関する協議を行いました。
  • 東海大学生の協力により、なぎさプロムナード及び周辺の個店を紹介するマップを作成し、PRを行いました。
関連ページ

ひらつか海岸エリア魅力アップチャレンジの推進に向けて

 平塚市ではこの取組の着実な推進に向けて、平成30年2月に「ひらつか海岸エリア魅力アップチャレンジ」推進会議を設けました。
 
  • 所掌事項
 各ゾーンに定めた具体案の進捗状況の確認及び情報共有に関すること
 ゾーン間の連携によるひらつか海岸エリアの魅力アップや相乗効果等に関すること。
 
  • 構成メンバー(関連するゾーン)
 企画政策課(総合調整)
 広報課シティプロモーション担当(なぎさプロムナード)
 産業振興課(漁港周辺)
 農水産課(漁港周辺)
 商業観光課(湘南海岸公園、なぎさプロムナード、漁港周辺)
 まちづくり政策課(なぎさプロムナード)
 交通政策課(レンタサイクル)
 都市整備課(漁港周辺)
 みどり公園・水辺課(湘南海岸公園、龍城ヶ丘プール跡地、ビーチパーク)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

企画政策課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館4階
直通電話:0463-21-8797(政策担当) /0463-21-8760(計画推進担当・行財政改革推進担当)
ファクス番号:0463-23-9467

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?