保険証を提示して医療を受けるとき

療養の給付

 健康保険の被保険者が保険医療機関(病院・診療所等)の窓口で保険証(70歳以上の方は高齢受給者証も合わせて提示して下さい。)を提示することにより、医療費の一部(一部負担金)を支払うだけで、さまざまな医療を受けることができます。また、医師の処方せんを受けた場合は、医療費の一部(一部負担金)を支払うだけで、保険薬局で薬剤の調剤をしてもらうことができます。このことを療養の給付といいます。
 

健康保険の給付が受けられるもの

  • 診察
  • 治療
  • 薬や注射などの処置
  • 入院および看護(入院時の食事代は別途負担)
  • 在宅療養(かかりつけの医師による訪問診療)
  • 訪問看護(医師が必要であると認めた場合)

健康保険の給付の対象とならないもの

  • 入院時の差額ベッド代
  • 健康診断
  • 予防接種
  • 美容のための整形手術、歯列矯正
  • 正常妊娠、分娩(別に出産育児一時金があります。)
  • 保険のきかない診療など
 

給付の制限を受けるもの

  • 医師の指示に従わなかったとき
  • けんかや泥酔によるケガ
  • 自殺未遂や犯罪による病気やケガ
  • 詐欺、その他不正に保険給付を受けたり、受けようとしたとき

 業務上の原因による病気やケガ、通勤途上に被った災害などが原因の病気やケガについては、健康保険の給付は行われず、原則として労災保険の適用となります。
 また、交通事故や傷害事件など、第三者(加害者)から傷害を受けた場合は、損害賠償として加害者が被害者の治療費を負担するのが原則ですが、必要であれば、国民健康保険で治療を受けることもできます。
 国民健康保険を使う場合には、必ず事前に保険年金課給付担当に連絡をして保険証の使用許可をとり、必要書類の提出をしてください。
 

一部負担金の負担割合

年齢などによって、一部負担金の負担割合が異なります。
 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

保険年金課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階
直通電話:0463-21-8776(給付担当) /0463-21-8775(保険税担当) /0463-21-8777(国民年金担当) /0463-21-9768(後期高齢者医療担当)
ファクス番号:0463-21-9742

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?