個人市民税 寄附金控除

対象となる寄附金

  1. 都道府県・市区町村に対する寄附金(ふるさと寄附金)
    (出身地等に限定されません。国に対しての寄附金は、市県民税では対象外となります。)
  2. 神奈川県の共同募金会(総務大臣の承認等受けたもの)、神奈川県の日本赤十字社(総務大臣の承認等受けたもの)への寄附金
  3. 神奈川県または平塚市が条例で指定した団体への寄附金

※ふるさと納税や寄附金対象団体については次をご覧ください。

寄附金控除額の算出方法

 
寄附金の種類 寄附金税額控除額
1.都道府県・市区町村に対する寄附金(ふるさと納税)
基本控除額(10%)+特例控除額+(申告特例控除額※)
※ワンストップ特例制度のみ適用
2.神奈川県の共同募金会、神奈川県の日本赤十字社への寄附金 基本控除額(10%)
3.神奈川県または平塚市が条例で指定した寄附金 基本控除額(10%)

計算方法

ア.基本控除額(対象となる寄附金にて適用)

  市民税分:(寄附金の合計額※-2,000円)×6%
  県民税分:(寄附金の合計額※-2,000円)×4%

  ※寄附金の合計額は総所得金額等の30%が上限となります

イ.特例控除額(「1.都道府県、市区町村の対する寄附金」にのみ適用)

  市民税分:(寄附金の合計額-2,000円)×(90%-所得税の税率×1.021)×5分の3
  県民税分:(寄附金の合計額-2,000円)×(90%-所得税の税率×1.021)×5分の2

  市民税分・県民税分それぞれについて、所得割額の20%が上限となります

ウ.申告特例控除額(ワンストップ特例制度のみに適用)

    ふるさと納税について「ワンストップ特例制度」の適用を受けた場合、上記アの基本控除額、イの特例控除額に次の金額が加算されます。

  市民税分:上記イで算出した特例控除額(市民税分)× 申告特例控除の割合
  県民税分:上記イで算出した特例控除額(県民税分)× 申告特例控除の割合
 
住民税の課税所得金額-人的控除の差額の合計 申告特例控除の割合
195万円以下 84.895分の5.105
195万円超330万円以下 79.79分の10.21
330万円超695万円以下 69.58分の20.42
695万円超900万円以下 66.517分の23.483
900万円超 56.307分の33.693

控除の適用を受けられる方

控除対象となる寄附金を支出している方で市県民税の納税義務がある方。
ただし、均等割額のみの方を除きます 。

寄附金税額控除を受けるには

 確定申告、市県民税の申告をしない場合は、ワンストップ特例制度を利用することによって、市県民税の控除を受けることができます。それ以外の場合は、原則として、寄附をした人の住所地の所轄税務署(平塚市民は平塚税務署)に寄附を含んだ確定申告を提出していただく必要があります。確定申告をすると、翌年度の市県民税においても寄附金税額控除を受けることができます。確定申告が不要で市県民税のみが課税される人は、平塚市役所市民税課に市県民税申告書を提出していただく必要があります。申告の時期や手続きについては、「市県民税申告及び確定申告のご案内」ページをご覧ください。

 

このページについてのお問い合わせ先

市民税課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館2階
直通電話:0463-21-8766(個人市民税担当) /0463-21-8767(諸税担当(軽自動車税・法人市民税など))
ファクス番号:0463-21-8798

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?