公的個人認証サービス・電子証明書とは

最終更新日 : 2017年9月8日

マイナンバーカードなどに搭載される電子証明書を使って利用できる公的個人認証サービスを紹介します。

公的個人認証サービスとは

公的個人認証サービスとは、インターネットを通じてご自宅や職場などのパソコンから、様々な行政手続きなどを安全・確実に行うことができるサービスです。
公的個人認証サービスを利用するためには、電子証明書が搭載されたマイナンバーカード(個人番号カード)を用意する必要があります。
なお、既に住民基本台帳カードに電子証明書を搭載済みの方については、電子証明書が有効であればこれまでどおり公的個人認証サービスを利用できますが、有効期限切れなどにより失効した場合は利用できなくなります。
住民基本台帳カードに新たに電子証明書を搭載することはできません。電子証明書を希望される方は、電子証明書を搭載したマイナンバーカードの申請をしてください。

公的個人認証サービスの詳細については、次のページ(地方公共団体情報システム機構が運営する公的個人認証サービスポータルサイト)をご覧ください。
公的個人認証サービスポータルサイト(外部リンク)

住民基本台帳カードについては、次のページをご覧ください。
住民基本台帳カード

マイナンバーカードの申請方法については、次のページをご覧ください。
マイナンバーカード(個人番号カード)を申請するには

電子証明書とは

電子証明書とは、インターネットなどで行う各種手続きを安全・確実に行うための機能です。
電子証明書には、「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」の2種類があります。

署名用電子証明書

署名用電子証明書は、e-Tax(確定申告など国税に関する手続きをオンラインで行えるシステム)などの各種オンライン申請において、電子文書を作成・送信する際に利用するものです。「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真正なものであり、利用者が送信したものであること」を証明します。
 
署名用電子証明書は、発行時に15歳未満の方又は成年被後見人の方には発行されません。
 
マイナンバーカードを受け取る際に、署名用電子証明書の暗証番号として、数字と大文字アルファベットの両方を入れた6~16桁の暗証番号を設定していただきます。

e-Taxについては、次のページ(国税庁が運営するe-Taxサイト)をご覧ください。
 e-Taxバナー(外部リンク)
 

利用者証明用電子証明書

利用者証明用電子証明書は、「マイナポータル」などのインターネットサイトやコンビニ証明書発行サービス端末などにログインする際に利用するものです。「ログインした者が、利用者本人であること」を証明します。

マイナンバーカードを受け取る際に、利用者証明用電子証明書の暗証番号として、数字4桁の暗証番号を設定していただきます。

マイナポータルの概要については、次のPDFファイルをご覧ください。
マイナポータル概要チラシ(PDF1,228KB)

コンビニ証明書発行サービスの詳細については、次のページをご覧ください。
証明書コンビニ交付

電子証明書の発行

マイナンバーカードの申請時に、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書のカードへの搭載を希望するかどうか、それぞれの電子証明書について選択できます。
両方の電子証明書を希望する場合は、マイナンバーカード交付申請書の電子証明書欄に何も記入しないでください。両方の電子証明書が発行されます。
希望しない電子証明書がある場合は、交付申請書の希望しないほうの電子証明書欄を黒く塗りつぶしてください。

マイナンバーカードの申請方法については、次のページをご覧ください。
マイナンバーカード(個人番号カード)を申請するには

利用者クライアントソフト

ご自宅のパソコンから署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書を利用するためには、次の準備が必要です。

  1. 「利用者クライアントソフト」のインストール
  2. 動作確認済みのICカードリーダライタを用意し、ドライバをインストール

利用者クライアントソフトは、次のページ(公的個人認証サービスポータルサイト)から無料でダウンロードできます。また、動作確認済みのICカードリーダライタについては、同ページのメニューを参照してください。
公的個人認証サービスポータルサイト(外部リンク)

電子証明書の有効期間と更新

電子証明書の有効期間

署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の有効期間は、ともに発行日後5回目の誕生日までです。ただし、マイナンバーカードの有効期間満了に伴い、電子証明書の有効期間も終了します。

電子証明書の有効期限は、マイナンバーカード表面に記載欄があります。マイナンバーカードの受取りなどの際、職員に記入を依頼してください。

電子証明書の更新

電子証明書は、有効期間の満了日の3か月前から更新できます。手続きの詳細は、住民票のある市区町村にお問い合わせください。

有効期間の確認方法

ご自宅のパソコンから電子証明書の有効期間をご確認いただけます。確認するためには、事前に次の準備が必要です。

  1. 「利用者クライアントソフト」のインストール
  2. 動作確認済みのICカードリーダライタを用意し、ドライバをインストール

利用者クライアントソフトは、次のページ(公的個人認証サービスポータルサイト)から無料でダウンロードできます。また、動作確認済みのICカードリーダライタについては、同ページのメニューを参照してください。
公的個人認証サービスポータルサイト(外部リンク)

準備が整ったら、「利用者クライアントソフト」を使用し、次のページ(公的個人認証サービスポータルサイト)から電子証明書の内容を確認できます。確認に当たっては、電子証明書の暗証番号の入力が必要になります。
電子証明書の表示方法【Windowsをご利用の方】(外部リンク)
電子証明書の表示方法【Macをご利用の方】(外部リンク)

ご注意
電子証明書の有効性や有効期間について、お電話ではお答えしていません。上記の方法でご自宅のパソコンから確認いただくか、又は、マイナンバーカードに記載された本人がそのマイナンバーカードをお持ちの上、平塚市役所市民課証明担当(本館1階109番窓口)へお越しください。

電子証明書のロック

次の回数、暗証番号を連続して誤って入力するとロック状態となり、電子証明書が利用できなくなります。ご注意ください。

  • 署名用電子証明書:5回
  • 利用者証明用電子証明書:3回

ロックを解除するためには、平塚市役所市民課証明担当(本館1階109番窓口)で申請が必要になります。手続きについては、下記問合せ先までお問い合わせください。

署名用電子証明書の失効

引越しや婚姻などにより、住所、氏名などの変更が生じた場合、署名用電子証明書は自動的に失効します。
転入届や婚姻届の際にマイナンバーカードをお持ちいただき、新しい署名用電子証明書の発行手続きを行ってください。

住所変更や戸籍の届出の詳細については、次のページをご覧ください。
住所の変更
戸籍の届出

ICカードリーダライタや利用者クライアントソフトに関するお問合せ先

ICカードリーダライタや利用者クライアントソフトについてご不明な点がありましたら、次のページ(公的個人認証サービスポータルサイト)に記載されている「公的個人認証サービス利用者ヘルプデスク」へお問合せください。
公的個人認証サービスに関するお問合せ(外部リンク)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

市民課(証明担当)

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館1階 109番窓口
直通電話:0463-21-8773
ファクス番号:0463-25-1617

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?