平塚市ブロック塀等倒壊予防策補助金制度

最終更新日 : 2018年9月20日

平塚市ブロック塀等倒壊予防策補助金制度のご案内

危険な既存ブロック塀を除却しましょう!

  • 倒壊したブロック塀

 平成30年6月に起きた大阪府北部を震源とする地震でブロック塀などの倒壊により尊い命が失われました。倒壊したブロック塀などは危険なうえに避難や救助、消火活動の妨げになります。
 東海地震や神奈川県西部地震などの大規模地震の切迫性が指摘されている今、地震災害時の被害を最小限に抑えるという減災の視点で、市民の安全を確保するために、危険なブロック塀の倒壊予防策が必要です。

 平塚市では、危険なブロック塀の除却を行う方に補助金を交付しています。

平塚市ブロック塀等倒壊予防策補助金交付要綱(PDF:108KB)

 また、ブロック塀などの維持管理は、所有者・管理者の責務です。所有者・管理者のみなさんは、適切な管理に努めてください。

ブロック塀などの安全点検をしましょう。(点検のチェックポイント)

対象となるブロック塀とは?

 次の1から4の全てを満たしたもので、市職員が現地調査を行い、危険度『大』と判定したもの。
また、補助対象者は、次の1の住宅に居住し、市税を滞納していないこと。

1.戸建て住宅及び兼用住宅にあるもの
2.通り抜けができる道路に面する塀
3.塀及び門柱の高さが50センチメートル以上あるもの
4.コンクリートブロック塀、大谷石塀及び万年塀等、重量が重いもの

補助の金額は?

対象世帯 除却工事費補助
一般世帯 危険なブロック塀等の除却費用の
50%かつ上限15万円
NEW!!    世帯全員の市民税が
前2年間非課税の世帯
危険なブロック塀等の除却費用の
100%かつ上限30万円

申請書類について

補助金交付申請書

市職員の現地調査後、補助対象となることが決定したら、補助金交付申請書に必要書類を添えて提出してください。
提出部数は1部です。

申請様式
・補助金交付申請書(第1号様式) PDF(107KB) WORD(48KB)
 ◆記載例はこちら
添付書類
・除却範囲のわかる資料
 ※平面図、前景写真等に具体的な除却方法がわかるように記載してください。
・工事見積書の写し
・建物の所有が確認できる書類
1から3のいずれかひとつ
1、建物登記事項証明書
2、家屋課税(補充)台帳登録事項証明書
3、固定資産税・都市計画税(土地・家屋)納税通知書
・市税納入状況確認同意書 PDF(23KB) WORD(36KB)
・世帯全員の住民票の写し(マイナンバーの記載のないもの)
※非課税世帯の場合のみ添付してください。
・世帯全員の前2年分の市民税・県民税証明書
※非課税世帯のみ添付してください。

完了実績報告書

除却工事の完了後、完了実績報告書に必要書類を添えて提出してください。提出部数は1部です。
その後、市職員が現地確認をし、補助金額が確定します。
 

申請様式
・完了実績報告書(第5号様式) PDF(69KB) WORD(40KB)
 ◆記載例はこちら
添付書類
・工事領収書の写し
・除却が確認できる全景写真
・申請者から平塚市への請求書 PDF(107KB) WORD(111KB)
 ◆記載例はこちらPDF(219KB)
添付書類で確認できない場合は、追加書類の提出をお願いする場合があります。

申請様式は申請様式(確認申請・条例関係・木耐震)からもダウンロードできます。

その他の助成制度

いけがき設置奨励金補助制度

いけがき設置の補助制度があります。
危険なブロック塀等の除却後に、「いけがき」を設置する場合、補助金額の割増しがあります。
 

狭あい道路整備事業

危険なブロック塀等の除却を伴う場合の自主的な道路後退に対する物件補償制度があります。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ 別ウィンドウで開く

このページについてのお問い合わせ先

建築指導課

〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 本館6階
直通電話:0463-21-9731(建築指導担当) /0463-21-9732(建築審査担当/建築安全担当)
ファクス番号:0463-21-9769

お問い合わせフォームへ 別ウィンドウで開く

このページについてのアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?